第70回 【動画】佐久長聖vs旭川大高の試合から考えるタイブレークでのバントの重要性2018年08月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


 今年から夏でもタイブレークが導入されるようになり、今年の甲子園では佐久長聖vs旭川大高戦で初めてタイブレークが実施されました。

 スポーツライターの松倉雄太氏はこの動画内ではバントの重要性について語っています。実際に佐久長聖vs旭川大高の試合を振り返ってみると、勝ち越し点を挙げた佐久長聖は、バント内野安打が決勝点につながっています。この局面できっちりとバントを決められる技術と精神力の強さが素晴らしかったですね。

 現在はバントを行わないチームも増えてきました。これは時代の流れでしょう。否定はしません。ただバントができることは選手としての引き出しを増やすということ。是非、高校球児の皆様は、動画を見て、タイブレークの意義、戦い方、バントの意義を学んでほしいです。

(文・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第55回 1点差、延長戦、サヨナラ!接戦に一番強いのは群馬県?!その群馬代表・前橋育英が登場!【夏の大会特集2016】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム