第66回 大阪野球が最強の理由2017年05月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]近年大阪を牽引している2つの強豪校
[2]大阪の強豪校の変遷
[3]今や激戦区・大阪。その根底にあったのは中学野球が関係している

近年大阪を牽引している2つの強豪校

優勝した大阪桐蔭(写真は共同通信)

 この春、第89回選抜高校野球大会では、史上初の大阪代表同士の決勝となり、大阪桐蔭履正社を振り切って、5年ぶり2度目の優勝となった。なお、今季というか、この代のチームの両校の対決は、これで公式戦1勝1敗となった。まさに、夏の大阪大会で両校の対戦があれば、それが、その決着をつける対決となりそうだ。

 とはいえ、同都府県から複数代表が選出されることもある選抜大会だが、大阪代表同士の対決が実は初めてだったということに、むしろ少しびっくりしたくらいである。
というのは、強い大阪勢である。過去を遡ればイメージとしては、何度か対戦しているのではないかと思っていたからでもある。

 この両校ということで言えば、3年前の2014年にも、春は履正社が準優勝、夏は大阪桐蔭が優勝を果たしている。さらには、その2年前の2012年は、大阪桐蔭藤浪 晋太郎(阪神)と森 友哉(埼玉西武)のバッテリーを擁して、春夏連覇を果たしている。

 近年は特に、大阪勢でもこの両校の強さが甲子園では印象に残る。強い大阪勢の代表的な2校がこの春、甲子園で質の高い決勝戦を戦ったということである。

 ただ、歴史的に見ていくと、大阪勢はそれぞれの時代に何度か突出した有力校が登場して一時代を築いている。
 もっとも、知られているのが、1980年代のPL学園である。桑田 真澄(巨人)と清原和博(西武→巨人→オリックス)らを軸に、83年夏と85年夏に全国制覇。84年は春夏準優勝に輝いている。PL学園はその前後も81、82年には春連続優勝。87年には立浪 和義主将(中日)に片岡篤史(日本ハム→阪神)らがいて春夏連覇を果たしている。1学年下には宮本慎也(ヤクルト)がいたのだが、当時は控えの選手だった。

 そのPL学園は70年代から台頭してきて、70年と76年夏に準優勝し、78年夏に全国制覇を果たしている。その強さは、全国にネットワークを張り巡らせたスカウティングの力もあった。有望中学生を全国から積極的に勧誘して入学させていた。そして、「全国制覇を目指す」という意識を選手個々に育てていくシステムがしっかりと出来ていた。

 そんな中で、全国から選び抜かれた選手たちが高い意識で競い合うので、チームの力が上がっていくのは当然であった。今の大阪桐蔭も、同じような形で、全国の頂点を目指す意識が選手たちの間に育まれていると言っていいであろう。この春に背番号7ながら内野手、投手としても活躍して、最後は優勝マウンドにいた大阪桐蔭根尾 昂(岐阜県飛騨高山ボーイズ出身)などは、その代表的な選手と言っていい。

【次のページ】 大阪の強豪校の変遷

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
都立紅葉川vs明星【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
明星vs桐朋【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
星稜vs履正社 2【第91回選抜高等学校野球大会】
星稜vs履正社【第91回選抜高等学校野球大会】
第632回 星稜vs履正社の勝負のポイントは?読めばさらに面白くなる大会初日の見所!【大会展望・総括コラム】
第855回 横浜の初戦は危ない!?高校野球ドットコムが予想する選抜ベスト8!【前編】【大会展望・総括コラム】
第25回 吉村卓也が期待する名門校や神宮大会優勝校の選抜出場選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第908回 「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
龍谷大平安vs履正社【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
上宮太子 【高校別データ】
大阪偕星学園 【高校別データ】
大阪商大堺 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
興國 【高校別データ】
大体大浪商 【高校別データ】
浪商 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
北陽 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム