印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第23回 野球と熱中症2011年06月30日

スポーツ種目別発生傾向(昭和50年~平成21年)

こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

暑い夏が近づくにつれて気をつけたいのが熱中症による体調不良や事故です。軽度のものであれば脱水症状を改善することで良くなりますが、重度になるにつれて早急な対応が求められるようになります。今回は熱中症を防ぐために心がけたいことと応急処置についてお話をしたいと思います。

毎年、学校でのスポーツ活動中に熱中症による事故が起こっており、野球による熱中症の事故が一番多い種目となっています(独立行政法人日本スポーツ振興センター 学校安全Webより)。 

野球は日中の練習時間が長い傾向にあることが原因の一つと考えられます。熱中症には脱水による脱力感、めまい、頭痛、吐き気などを訴える「熱疲労」、大量に汗をかいて水分補給のみを行い、水分と塩分のバランスが崩れて足、腕、お腹などに痛みやけいれんを起こす「熱けいれん」、体温上昇によって中枢機能に異常をきたし、反応が鈍い、言動がおかしい、意識がないといった重篤な症状がみられる「熱射病」の3種類があります。

熱中症が起こりやすい環境要因としては、気温・湿度・日差しの強さ・風の有無などがあげられます。特に気温が高くなくても湿度が高ければ体の中に熱がこもりやすくなるので注意が必要です。最近はテレビやネットなどでも夏には熱中症指数が発表されていますので、練習前にはこのような数値をチェックすることをオススメします(日本気象協会・熱中症指数)。

【次のページ】 野球と熱中症(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第175回 日焼けによる疲労とその対応【セルフコンディショニングのススメ】
第86回 夏野菜で夏を乗り切る【栄養学一口コラム】
第95回 実力を発揮するための暑さ対策【セルフコンディショニングのススメ】
第73回 オリジナルドリンクを作ろう【栄養学一口コラム】
第71回 試合時の脱水予防【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム