こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 いよいよ夏の大会が目前に近づいてきました。地域によっては無観客で行う、上限を決めて有観客で行う等さまざまな制限を伴うことが多いと思いますが、大会が開催される喜びとそれを支える人々への感謝の気持ちを込めて、精一杯プレーして欲しいと思います。さて今回は熱中症のような症状が見られたときの対応についてお話をしたいと思います。ドクターやトレーナーなど専門家がいないところで「熱中症かも」と思ったときに選手や指導者の皆さんに知っていてもらいたい熱中症への対応を挙げてみます。


 運動中や運動後に起こる熱中症には「熱失神」「運動誘発性筋けいれん」「熱傷害」「熱疲労」「労作性熱射病」があります。これら5つの状態について、グランドレベルでできる対応などについてまとめておきます。

1)熱失神
 熱失神は暑さなどで皮膚の血管が拡がったことによって、立った時に低血圧症状(起立性低血圧)を起こして倒れてしまうものです。熱を皮膚から発散しようとして皮膚の血管がひろがって起立性低血圧を起こす場合と、運動中で筋肉に血液が多く流れ込むことで、一時的に脳への血流が低下して起こる場合があります。また脱水状態や暑さに馴れていない状況でより起こりやすいと考えられています。熱失神への対応としては日陰や涼しい場所に移動した上で、足を少し高くした状態で仰向けになり(脳への血流を促す)、可能であれば適切な水分・塩分補給と送風や冷たいタオルなどを用いて体表面を冷やすようにしましょう。また倒れた際に、頭を強打していないかどうかも確認しましょう(強打している場合はすぐに医療機関を受診しましょう)。

2)運動誘発性筋けいれん
 これは「足がつる」といった筋肉のけいれんのことを指します。筋肉は自分の意志によって縮めたり、伸ばしたりすることが可能ですが、筋けいれんの場合は自分でコントロールできない突発性の筋収縮が続き、痛みを伴うものです。筋けいれんの原因はさまざま考えられますが、不十分な水分・塩分補給、食事バランスの欠如、筋疲労、神経伝達の誤作動などが挙げられます。筋けいれんが起こったときは、他動的にストレッチをすることが推奨されているので、近くにいる選手や指導者の方に手伝ってもらいましょう。筋けいれんを起こした選手は大きく息を吐きながらなるべく体の力を抜くようにすると、筋肉がゆるみやすくなります。また痛みを伴う場合はアイシングや軽く手でほぐすといったことも筋けいれんの緩和に役立ちます。

3)熱傷害
 熱傷害は暑い環境の中で運動を続けた結果、肝臓や腎臓、胃腸など臓器や筋肉が損傷された状態を指します。この状態はより重篤な熱射病になってしまうリスクが高く、運動後に血尿がみられることもあります。血尿や運動をしていない状態での筋肉の強い痛みなどがある場合は、医療機関を受診して血液検査による診断をしてもらうようにしましょう。