第245回 野球選手らしい体つき2020年05月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]心拍数とコンディショニング/およその最大心拍数を知っておこう
[2]肩関節の可動域に変化が見られる


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 季節はめぐり、心地よい気候となってきました。皆さんはどのように過ごしていますか。場所によってはまだまだ自粛を余儀なくされる地域、少しずつ日常生活を取り戻しつつある地域等さまざまですが、学校生活が始まっているところもあることでしょう。まずは感染しないようにリスク管理をしっかり行いつつ、部活動についても再開できる日が早くくることを心待ちにしています。今回は野球選手らしい体つきについて考えてみたいと思います。

野球選手はお尻が大きい?



低い姿勢での構えを繰り返し、股関節周辺部の筋肉が発達する

 よくプロ野球選手を見て「お尻周りが大きい、ガッチリしている」といった表現をされることがあります。これは野球の競技特性によるところが大きいと考えます。その理由について3つ挙げてみましょう。

1)地面に足を着いた状態から動き出すことが多い
 多くのスポーツが地面に足を着いた状態で動作を行いますが、野球の特徴的な動きである「投げる」「打つ」「走る」といったものも例外ではなく、地面からの床反力を得て、その力を体幹や上肢に伝えることでプレーが成り立ちます。大きなパワーを生み出すためには下半身の筋力が必要となってくるため、お尻周りを始め、下半身の筋力強化を行うと筋肉は太く、大きくなります。

2)片足支持の場面でブレないようにバランスを取る
 ピッチングやバッティングなどを考えてみると片足でバランスをとる瞬間が何度もあります。そのとき体がふらつかないように支えるのが、お尻の横側に位置する中臀筋をはじめとする筋肉群です。「股関節に体重をのせる」という言い方をされることがありますが、片足の状態でも重心位置が安定し、力のロスが生まれないように踏ん張ることによって、より安定したパフォーマンスにつなげることができます。

3)低い姿勢で構える時間が多い
 特に内野手で顕著ですが、守備機会では腰の位置を落としてボールを下から見るように指導されることが多いと思います。これは腰の位置が高くなってしまうと手前にきたボールの変化についていけず、エラーをしやすくなることや、一歩目の動作で素速く動くために必要な地面の床反力を利用しにくいことなどが考えられます。腰の位置を落とす=お尻の位置が下がった状態でその姿勢をキープするためには下半身やお尻周りの筋肉を鍛える必要があります。

 こういったことから野球のパフォーマンスアップにつなげるために、ウエイトトレーニングにおいてスクワットを行ったり、ランジ動作や片足でのスクワットを行い、股関節周辺部の筋力アップをはかります。もちろん技術練習においても必要な動作を反復しているうちにお尻周りの筋肉が発達して、大きくなるのは自然なことと考えられます。

【次のページ】 肩関節の可動域に変化が見られる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第258回 反復練習による疲労骨折を未然に防ぐ【セルフコンディショニングのススメ】
第257回 足首の捻挫について理解しよう【セルフコンディショニングのススメ】
第256回 体力向上とケガ予防を両立させるランニングとは【セルフコンディショニングのススメ】
第255回 野球に必要なトレーニングを再確認【セルフコンディショニングのススメ】
第254回 体の安定性と求められる身体的な要素【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム