こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 日本のみならず全世界で新型コロナウイルス感染拡大による影響が懸念されています。一部の地域では「緊急事態宣言」の発令によって休校措置が延長されたり、部活動そのものも自粛をしているところが多くなっています。外出を控え、自宅で過ごしている皆さんも多いと思いますが、運動不足を解消するためのランニングや自主トレーニングなど今できることを行いつつ、しっかりと再開に向けて準備をしていきましょう。今回は行動が制限される中で自己管理をするためのマネジメントについて考えてみたいと思います。

規則正しい生活を送るための時間術


 休校になっている皆さんにとって、朝起きて通学することもなく、自宅で過ごすことは夏休みや冬休みなどの長期休暇期間ぐらいではないでしょうか。またその期間は部活動を行っているため、毎日自宅で過ごすという経験もほとんどないと思います。カレンダーの曜日感覚がなくなってしまいますね…。

 そこでオススメしたいのが、その日1日のスケジュールをしっかり決めておくことです。朝起きたときでも構いませんし、前日寝る前でもいいのですが、「明日はどのように過ごそうか」というのをあらかじめ決めておきます。学校で授業を受けるはずだった時間を勉強の時間に充てることも大切ですし、部活に参加している運動時間をどこかで確保することも、体力を落とさないためには大切になってきます。

 「朝と夕方の時間に20分ほど近所をランニングする」といったことでもいいですし、「自宅前で縄跳びをする」「室内でできる自重トレーニングを行う」でも構いません。できれば行う時間をあらかじめ決めておき、時間割のように組み立てておくとよいでしょう。

時間の使い方を考えよう


 休校中であっても規則正しい生活を送ることは、体の免疫力を下げないためにも大切なことです。普段あまり意識したことがないと思いますが、いつも過ごしている時間は「有限」であり、その使い方を見直すいい機会にもなると思います。ここで時間の使い方を大きく4つに分けてみましょう。

●投資の時間…自分の成長につながるような勉強、読書、技術力アップのための練習、トレーニングなど
●消費の時間…生活に必要な時間。睡眠、食事、入浴など
●浪費の時間…目的もなくただ何となくダラダラと過ごしてしまった時間
●空費の時間…何をしていたか思い出せない時間

 1日の時間をこの区分で考えたときに、浪費や空費の時間をなるべく少なめにして、投資の時間を多くとれるようしたいですね。ただし、友達との何気ない会話やLINEでのやり取りなどでもそれがリフレッシュにつながり、良い気分転換になるのであればそれは立派な投資時間です。こういう場合はある程度時間を決めて過ごすようにすると良いと思います(ゲームなどもあらかじめ時間を決めておきましょう!)。