第239回 パフォーマンスアップにつながるウォームアップ2020年02月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ウォームアップをやる意味とは?
[2]どんなウォームアップをすればいい?


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 いよいよ待ちに待ったシーズンも近づいてきました。グランドが使える環境では、ボールを使った練習を行い始めているチームもあるでしょうか。さて今回は練習や試合前に必ず行うウォームアップについてお話をしたいと思います。

 寒い時期と暖かい時期ではウォームアップの内容も変わってきますし、オフシーズンとシーズン中でもおのずとその内容には違いがあると思います。いろんな要因を考えつつ、パフォーマンスアップにつながるウォームアップについて考えてみましょう。

ウォームアップをやる意味とは?



全体でのウォームアップの前に個人で自分の体をチェックする時間を持とう

【ウォームアップの目的】
改めてウォームアップの目的をおさらいしておきましょう。

1)体温・筋温を上昇させ、軟部組織の柔軟性を高め、関節可動域(関節の動く範囲)を広げる
2)血流を良くして運動に適した体を準備する
3)神経の働きを良くして、感覚器からの情報をうまく動作につなげられるようにする
4)心拍数と呼吸数を徐々に増加させて、循環器系への急激な負担を避ける
5)メンタル面の準備として精神的なゆとりを持たせる

 ウォームアップは、メインの練習や試合のときに最大のパフォーマンスが発揮できるように、そしてプレーによってケガをしないよう事前に体を動かして準備しておくことと言えます。

 放課後の練習前にウォームアップをする時間がなくて、何もしないままキャッチボールやノックに参加してしまい、肩や肘が痛くなったという経験はありませんか。夕方の練習は限られた時間内で行うチームがほとんどですので、少しでも早く実践練習に参加したいという気持ちはわかりますが、ここでウォームアップを省いてしまうと結果的にケガをしてしまったりすることも考えられます。あわてて全体練習に参加することは避け、しっかりとウォームアップをしてから合流することは基本中の基本です。

【ウォームアップの中で体をチェックする】

 ウォームアップの流れとしてはまず軽く体を温めるためにジョギングなどを行い、そこからストレッチで筋・腱などの軟部組織を伸ばしつつ、関節の可動域を広げるようにしていきます。できれば全体練習の前に、個人で気になる部位などはあらかじめストレッチを行ったり、ストレッチポールやフォームローラー、テニスボールなどを使って軽くほぐしたりしておきましょう。

 硬い部分をそのまま残した状態でストレッチを行っても、柔らかい部分から先に伸びてしまうので、一番気になるところがなかなか伸びないということにもなります。また毎日同じようなルーティンで行うと、昨日との比較もしやすいと思います。いつもは何も感じないところが今日は気になるといった小さな変化も見逃さないようになり、ケガを未然に防ぐことにもつながります。

【次のページ】 どんなウォームアップをすればいい?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第240回 学校が休校、部活動自粛... 休むと体はどうなるか?【セルフコンディショニングのススメ】
第238回 活性酸素から体を守ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第237回 テーピングの考え方を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自重トレーニングの強度を変える【セルフコンディショニングのススメ】
第236回 自宅でできる新年に向けたスタートダッシュ【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
第225回 中日ドラゴンズ 和田 一浩選手 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム