第215回 ドーピングの基礎知識を学ぼう2019年02月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]なぜドーピングをしてはいけないのか
[2]ドーピングのケーススタディ


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。野球に限らずスポーツはすべてフェアプレーを守るために、必要以上に競技力を高める薬や方法(=ドーピング)を禁止しています。ドーピングをしないようにする活動をアンチ(反)・ドーピング活動といいますが、これは検査を受ける、受けないに関わらず、アスリートであれば必ず知っておきたい知識です。今回はドーピングの基礎知識についてお話をしたいと思います。

なぜドーピングをしてはいけないのか



ドーピングは「仲間を信じ、相手を尊敬する」フェアプレー精神を裏切る行為

 高校生の皆さんはドーピング検査を受ける機会はあまり多くないと思いますが、国際大会に出場する場合をはじめ、大学野球の全国大会やプロ野球においてもドーピング違反をしないよう常にチェックする体勢が整っています。なぜドーピングをしてはいけないのかという理由については大きく3つ挙げられます。

1)フェアなスポーツ精神に反し、スポーツの価値を損ねる
2)選手の健康を害する
3)社会的に悪影響をもたらす

 野球が上手くなるために日々最善を尽くして練習をしてきたことや、チームメイトを信じること、そして対戦する相手チームを尊敬することすべてを否定する行為がドーピングです。同じ舞台に立ったときに薬剤やさまざまな方法を使って不自然に競技力を上げていた選手がいると、公正な競技結果は生まれません。スポーツの価値そのものを損ねることになります。さらにはドーピングによって選手自身の健康に悪影響を及ぼすこと、薬剤への抵抗感が減ることによって、将来的に麻薬や覚醒剤を容認しやすくなることなどが問題として挙げられます。

故意じゃなければ大丈夫?


 ドーピングの世界的なルールを取り決めている世界アンチ・ドーピング機構(通称WADA:わだ)はアンチ・ドーピング規程に関する禁止表を、少なくとも毎年1月1日に更新しています。アスリートとしてはこの禁止表に書かれているものを理解し、ルールを守ってスポーツに参加することが求められます。ドーピングとは知らずに飲んだ薬の中から禁止物質が検出されてしまっても、ドーピング違反として処罰の対象となってしまうため注意が必要です。特に風邪薬や花粉症の薬、漢方薬、サプリメントにも禁止物質が入っていることがあります。日本スポーツ協会では使用可能な薬のリストを公開していますので、ぜひダウンロードしておきましょう。

参考資料)アンチ・ドーピング使用可能薬リスト(2019年版)

【次のページ】  ドーピングのケーススタディ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第221回 骨折の種類とカルシウムの必要性【セルフコンディショニングのススメ】
第220回 病院を受診するときに確認すること【セルフコンディショニングのススメ】
第219回 試合のパフォーマンスを支える補食【セルフコンディショニングのススメ】
第218回 投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン【セルフコンディショニングのススメ】
第217回 スイング動作と手首のケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム