第213回 足首の複雑な動きとゆるみ・硬さ2019年01月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]足関節は複雑な動きをする
[2]足首がゆるいとは


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。2019年もどうぞよろしくお願いいたします。さて冬休みも終わり、皆さんはそれぞれのチームで部活動に励んでいることと思います。今回はパフォーマンスやスポーツでのケガに関連の深い足関節について動きの複雑さと、足関節の「ゆるみ」や「硬さ」について考えてみたいと思います。

足関節は複雑な動きをする



足関節は6種類の動作とその組み合わせによって複雑な動きを可能にする

 足関節に限らず人間の関節にはそれぞれ適切に動く範囲(関節可動域)があります。もちろん個人差は見られますが、その適切な範囲を超えて大きく動いてしまうと関節のゆるみを覚えるようになります。足関節の動きは足の甲を自分の方に引き寄せる背屈(はいくつ)、つま先が遠方に押し出す動作である底屈(ていくつ)を基本とし、親指を軸として地面から足底を浮かせる回内(かいない)、反対に小指が軸になる回外(かいがい)、足裏が地面についた状態で親指側に足が内側に入る内転(ないてん)、反対に小指側に移動する外転(がいてん)と6種類あります。これらが組み合わさって足裏が下内方を向いてしまう内返し(底屈+内転+回外)、足裏が上外方を向いてしまう外返し(背屈+外転+回内)といった動きが現れます(図1)。

 足関節捻挫で最も多く見られる内反捻挫は内返し動作によって起こり、足首外側にある前距腓(ぜんきょひ)靱帯や踵腓(しょうひ)靭帯に大きなストレスがかかって傷めやすく、習慣性になりやすいことが特徴として挙げられます。また外側の靱帯を傷めているのに、足首の内側が痛いというケースもよく見られます。これはすねの骨(脛骨:けいこつ)と足首の土台となる距骨(きょこつ)がぶつかることで起こると考えられます。



内反捻挫と外反捻挫が起こるメカニズム

 一方、内反捻挫に比べると頻度は少ないのですが、主に足関節の内側を傷める外反捻挫は外返し動作によって起こります。もともと足首の外側には腓骨(ひこつ)が足関節付近まで保護していることと、内側にある三角靱帯は幅広く付着しているため、外返し動作そのものが起こりにくいのですが、それでも大きなストレスによって外返し動作が起こると三角靱帯の損傷だけではなく足首内顆の裂離骨折や脛骨と腓骨をつなぎとめている脛腓靭帯なども傷めてしまい、競技復帰まで時間のかかる大きなケガにつながりやすいと言われています(図2)。

【次のページ】  足首がゆるいとは

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第215回 ドーピングの基礎知識を学ぼう【セルフコンディショニングのススメ】
第214回 受動握力と指の力を鍛える【セルフコンディショニングのススメ】
第211回 西村典子トレーナーが教える「自宅で出来る!簡単ストレッチ&セルフコンディショニング」VOL.4【セルフコンディショニングのススメ】
第212回 サーフェスとトレーニング効果【セルフコンディショニングのススメ】
第210回 西村典子トレーナーが教える「自宅で出来る!簡単ストレッチ&セルフコンディショニング」VOL.3【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム