第212回 サーフェスとトレーニング効果2018年12月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]土のグランドやアスファルトでの注意点
[2]人工芝や砂浜での注意点


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。オフシーズン期に入り、グランドだけではなくさまざまな施設や場所などでトレーニングを行う機会も多いのではないでしょうか。そこで今回はトレーニングを行うときに配慮したいサーフェス(地面)とトレーニング効果について考えてみたいと思います。

土のグランドやアスファルトでの注意点



アスファルトの坂道を使ってスピードを高めるトレーニングを行うことができる

【土のグランド】
 グランドで行うトレーニングやランニングはアスファルトなどに比べると荷重関節(足、膝、股関節など体重のかかる関節)への負担は少ないといわれています。また土の上で練習を行う場合、スパイクを履いて行うのか、ランニングシューズなどを履いて行うのかによってもトレーニング効果は変わってきます。

 スパイクで行う場合はより野球のプレーに近い状態となりますが、足が固定されているため、その分切り返し動作などで足が地面に引っかかると転倒や捻挫などのリスクがあります。またランニングシューズよりも重さがあるので、細かい動きや軽快さはランニングシューズに劣ると考えられます。一方ランニングシューズでのトレーニングには汎用性がありますが、ストップ&ゴーのようにしっかり止まったり、止まったところからの動きだしで足を滑らせて流してしまう傾向があります(シャトルランなど)。

【アスファルト】
 アスファルトの地面ではシューズとサーフェスとの摩擦力が高いために滑りにくく、地面からの反発力が高いため、繰り返しの動作によって荷重関節に負担がかかりやすいといわれています。特に脛の前部が痛くなるシンスプリントなどを誘発することが多く、これはサーフェスとともにランニングフォームやシューズの問題などを確認することが必要となってきます。一方で硬い地面で足首を固定して床反力を得られるようなスピードトレーニングなどは、その感覚をつかむために上手く使いたい場所でもあります。
 上り、下りの坂道ダッシュなどもランニングフォームを意識して行うことで、スピードアップのランニングにつながります。ただし体力(筋力)レベルによってはパフォーマンスアップの前にケガをしてしまうことがあるので、本数や強度などを考慮して行うようにしましょう。

【次のページ】  強さとしなやかさを兼ね備えよう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第217回 スイング動作と手首のケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
第216回 遠征や合宿時のセルフコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第215回 ドーピングの基礎知識を学ぼう【セルフコンディショニングのススメ】
第214回 受動握力と指の力を鍛える【セルフコンディショニングのススメ】
第213回 足首の複雑な動きとゆるみ・硬さ【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム