第207回 体幹の役割としなやかな動作2018年12月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]なぜ体幹が重要なのか?3つの役割を理解しよう
[2]強さとしなやかさを兼ね備えよう


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 いよいよ冬休みも近づいてきました。気温が下がってくるにつれ、体力づくりをメインに活動しているチームも多くなってきたことと思います。体調など崩さずに元気よく今年を乗り切りましょう。さて今回はパフォーマンスアップに欠かせない体幹の役割と、しなやかな動作を生み出すためのコンディショニングについて考えてみたいと思います。

なぜ体幹が重要なのか?3つの役割を理解しよう



体幹は回旋動作における運動軸として機能する

 プロスポーツ選手をはじめ、多くのトップアスリートが体幹の重要性を話す場面も多くなりました。体幹とは「体の胴体部分」を指しますが、そこには脊柱(背骨)をはじめ胸郭、肩甲骨、骨盤などの骨とそこに付着する筋肉で構成されています。筋肉も大きく二層にわかれ、内臓付近に位置するものを深層(しんそう)筋、その上を覆っているものを表層(ひょうそう)筋と分類し、深層筋はインナーマッスルと呼ばれることもあります。

 表層筋の代表例としては、腹部を覆っている腹直筋(いわゆる腹筋と呼ばれるもの)が挙げられます。腹直筋を収縮させることで大きな力を発揮し、体を丸めることができます。一方、深層筋の代表例としては腹横筋が挙げられます。こちらは収縮をしてもあまり大きな変化をもたらさないため、見た目にはわかりにくいのですが、腹横筋には体を支える機能があり、コルセットの役割を果たしています。このように表層筋は主に体を動かすことに働き、深層筋は主に体を安定させる役割となって、互いに連動しながら体幹を支えることに貢献しています。体幹の3つの役割について確認しておきましょう。

 

1)姿勢の維持
 脊柱ではS字カーブを描いて荷重ストレスをやわらげる役割を果たし、そこに内臓を保護する目的とともに筋肉が体幹を支えて姿勢の維持に貢献します。体幹を囲む筋肉群が衰えてくると、姿勢が崩れる一因ともなります。

2)動きを支える土台
 腹直筋や広背筋など体幹の表層にある筋肉は脊柱や胸郭などの骨格部分と連動し、さまざまな動きを可能にします。脊柱は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎によって構成されていますが、体の前後屈(前後への曲げ伸ばし)は主に腰椎が、左右へのひねり動作については主に胸椎がその動きを担っており、そこに付着する筋肉とともに複雑な動きを支える土台として働きます。

3)運動軸としての役割
 スポーツにおける複雑な動作は手や足など四肢の動きによってもたらされますが、体幹が安定していないといわゆる「軸がぶれた」状態になります。動作の再現性を高めるためにも運動軸を支える体幹をしっかりと働かせることが大切です。

【次のページ】  強さとしなやかさを兼ね備えよう

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第217回 スイング動作と手首のケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
第216回 遠征や合宿時のセルフコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第215回 ドーピングの基礎知識を学ぼう【セルフコンディショニングのススメ】
第214回 受動握力と指の力を鍛える【セルフコンディショニングのススメ】
第213回 足首の複雑な動きとゆるみ・硬さ【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム