第200回 選手にセルフコンディショニングを勧める理由2018年08月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ケガは予防できることを理解する
[2]環境に依存しない体になる


 こんにちは、アスレティックトレーナーの西村典子です。

 今回のコラムは実に200回目となりました。多くの方にお読みいただき、またいろんなところで「コラムを読んでます!」とお声がけいただきありがとうございます。コラム連載を開始した2010年当時はセルフコンディショニング関する情報も少なく、また選手自身がコンディショニングを行うということについても何をどうやっていいのか、わからないことも多かったと思います。トレーナーの役割として実際に選手を指導するだけではなく、選手自身が自分でできるように教育・啓蒙活動していくことも大切なことであると改めて感じています(そして継続していくことも)。これからもこのコラムを読む選手や指導者、保護者の皆さんをはじめ、多くの方々に役立つ記事をお届けできればと思います。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 さて前置きが長くなってしまいましたが、今回はなぜセルフコンディショニングを選手に勧めるのか、その理由についてまとめておきたいと思います。

ケガは予防できることを理解する


体と対話しながら、自分でできることを増やしていこう

 スポーツの現場では防ぎようのない突発的なケガが存在する一方で、自分の体をマネジメント(管理)することで防ぐことのできるケガも多くあります。特にスポーツ障害と呼ばれる「オーバーユース(使いすぎ)」「オーバーワーク(負荷のかけすぎ)」が主な原因となるケガは、同じ動作を繰り返すことの多い野球によくみられます。
 このようなケガは、ある日突然痛みを感じるというよりは「いつもと少し違う」「何となく痛いかも」といった小さな変化から始まるため、違和感を覚えながらもプレーを続けてしまうケースが大半です。そしてプレーを続ければ続けるほどだんだんとその症状が強くなる傾向があります。プレーができなくなるまで無理をするのではなく、最初の段階で気づいた小さな変化を自分自身で感じとり、ケガの程度がひどくならないようあらかじめ対策をとることでケガを予防しましょう。予防策としては練習量と質の問題、個人の身体的要因(体力レベルや年齢、性別など)、環境因子(天候や気温、グランド状態等)などを考慮に入れて、体力的負荷が大きくなりすぎないように配慮することが必要となってきます。

自分の体を理解する

 自分自身の体を理解することはアスリートにとって大切なことです。たとえば毎日ストレッチを行っていると「今日は筋肉が硬いな」とか「関節の動きがいつもと違うな」といった変化に気づきやすくなります。またその変化に対して何を行えばいいのかということも、実際に自分の体を動かして確認し、選択肢を増やすことができます。「ウォームアップ不足の時には体が動きにくい」ということに気づけば、自ら丁寧にウォームアップを行うようになるでしょうし、「腰が張っているときはお風呂に長めに入ると調子がいい」といったことなども実践を通してわかってくるでしょう。自分の体を知ると環境に依存しない体になることができます。

【次のページ】 環境に依存しない体になる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第203回 ケガを長引かせないようにする【セルフコンディショニングのススメ】
第202回 筋挫傷と長引くケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第201回 シューズがあわないとケガをする【セルフコンディショニングのススメ】
第9回 日頃からできるセルフチェック!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第199回 素振りと腰のケガについて考える【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

プロフィール

西村典子
西村 典子 トレーナー
  • ■ 生年月日:1970年12月5日
  • ■ 出身地:大阪府
  • 奈良女子大学文学部教育学科体育学専攻卒。野球用品メーカーにて勤務後、トレーナーとして10年以上にわたり高校野球・大学野球の現場にたずさわる。野球現場での活動を通して自分たちで自分の体をマネジメントする「セルフコンディショニング」の重要性を感じ、チーム・選手・指導者にむけてスポーツ傷害予防や応急処置、トレーニング(ストレングス&コンディショニング)に関する教育啓蒙活動を行っている。

    一般雑誌、専門誌、ネットなどでも取材・執筆活動中。また整形外科ドクターと野球の傷害予防に関する共同研究活動なども行っている(現在の研究テーマは手指血行障害について)。

    現在、東海大学硬式野球部アスレティックトレーナーをはじめ、さまざまな高校野球部を担当中。
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
    ・NSCA公認ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)
    ・NSCA公認パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
    ・日本スポーツ整形外科学会会員 等
  • 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 部室に一枚!!RICEポスターを無料配布中!!ダウンロードはこちらからDownload


ケガに強くなる!セルフコンディショニングのススメ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム