無死満塁コラム

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 ピンチはチャンス 智弁和歌山vs興南 第82回センバツ2010年05月08日

 無死満塁――。

 攻撃側にとってはビッグイニングが期待できる大チャンス。守備側にとっては大ピンチ。攻撃側のファンは大量点を期待し、守備側のファンにとっては最低でも1点を覚悟する。見ている誰もが「点は入るだろう」と予想する状況だ。

 ところが、これが意外と点が入らない。『甲子園戦法 セオリーのウソとホント』(朝日新聞社)によれば、もっとも点が入るのは無死三塁(81,4%)、次いで無死一、三塁(77,3%)で、無死満塁(76,0%)は三番目にすぎない。アウトはゼロ、走者は3人。それなのに、なぜ点が入りにくいのか。無死満塁では、たいていの監督は一人目の打者にはヒィッティングを指示する。そこで安打が出れば大量点が見えてくるが、アウトになると1死満塁となるため、併殺が怖くなる。だからといってスクイズを敢行したくとも、フォースプレーのために失敗しやすい。「では、どうすれば……」と息づまってしまうのだ。

 無死満塁でゼロに終わると、攻撃側にはダメージが大きい。流れは守備側に傾く。逆にいえば、守備側はピンチだが、流れを引き寄せる大チャンスともいえる。無死満塁で監督はどんな采配をふるうのか。はたまた、プレーしている選手の心境は。実際の試合から、それぞれの無死満塁を検証してみたい。

このページのトップへ


智弁和歌山vs興南 第82回センバツ2回戦

(写真:佐藤 純一)

 最悪の無死満塁の作られ方だった。

 5回裏、2対1と1点リードの智弁和歌山は先発した背番号1の吉元裕が2番・慶多城開に中前打を許した後、3番の我如古盛次にバスターエンドランを決められ無死一、三塁のピンチを作って降板。ここでマウンドに上がったのは1回戦高岡商戦で4安打1失点完投している藤井健だった。
「ブルペンで投げていて(捕手に)『座って』と言おうとしたときに呼ばれた」と準備が万全でなかった藤井は、4番・眞栄平大輝に投手ゴロを打たせたものの、これを弾いたうえに間に合わない二塁に送球。併殺のはずが、自らのミスで無死満塁を招いてしまった。

「最悪です。間に合うと思って投げたんですけど……。自分が悪かった」(藤井)
 ただのピンチではない。ミスが絡んでのピンチ。ここはタイムを取ってひと呼吸入れたいところだ。だが、智弁和歌山ナインはタイムを取らなかった
さらに、捕手・道端俊輔が選択した守備位置は「1点もやらない」という前進守備。ヒットゾーンは広がり、走者に大きなリードを許すことになる。単打で2点というリスクのある守備隊形だった。
 自らのミス。1点もやらないという守備位置。藤井は初戦のような投球ができない。5番・銘苅圭介に対し、1球もストライクが入らずストレートの四球で同点。ようやく伝令が来たタイムでは「まだ同点や」と励まされたが、続く山川大輔には、1ボール2ストライクと追い込みながら、センターへ犠牲フライを許した。打たれたのは初戦で面白いように落ちたフォークボール。「硬くなっていました。自分の弱さが出てしまいました」(藤井)と言うように、焦りからか腕が振れず、本来の落差がなかった。さらに7番の伊禮伸也には1ストライクからスクイズを決められ3失点。主導権を完全に興南に渡してしまった。
 流れを失った智弁は6回以降、2併殺と攻撃でもペースをつかめず。8回にも致命的な3点を許し、2対7で敗れた。
「バスターエンドランもスクイズも意識していれば防げました。考える余裕がなかった」
 道端はそう言って悔やんだが、それよりももっと悔いを残した点が2つある。
ひとつは、タイムを取らなかったこと。実は、これには理由がある。先発の吉元が不安定で毎回走者を許す苦しい投球。このため、道端は初回だけで2度もタイムを取りマウンドに行っている。2、4回にもタイムを取ってマウンドに行ったが、その際に球審の橘からこんなことを言われた。

「タイムは両チーム公平にあるんだから、あんまりタイムを取りすぎるな」

高校野球では、ベンチからの伝令は9イニングで3度までと定められている。だが、捕手や内野手などがタイムを取り、1人でマウンドに行く回数に制限はない。はっきりいって、球審がそんなことを言う権利はない。ただ単に、タイムによって試合時間が長引くことを避けたかっただけだろう。
それでも、高校生にとって審判の言葉は重い。もっともタイムを取りたいとき、取るべきときに、道端はタイムを要求することをためらってしまった。

「そこで(気持ち的に)引いてしまった僕が悪いんです……」

 もうひとつは、前進守備を選択したこと。5回まで2得点ながら、智弁打線は好投手・島袋 洋奨から6安打。2番・岩佐戸龍、6番・宮川祐輝が二塁打を放つなど、島袋に力負けしていなかった。1点リード、強打が自慢の自チームのカラーを考えれば、同点OK、最悪でも1点差程度にとどめるため、併殺狙いの中間守備でよかった。後半勝負に持ち込めば、どう転ぶかわからない試合展開だったからだ。

 「前進守備は僕の指示です。『1点もやったらアカン』と思ってしまった。何ででしょうね……。相手が島袋さんだったし、守りに入ってしまったのかもしれません」
 そう話す道端は、昨秋の近畿大会でも同じ失敗をしている。立命館宇治との準々決勝。3対2とリードして迎えた7回裏のピンチで前進守備を選択。「1点を守りにいって5点取られたんです」。苦い経験を生かすはずが、そのときと同じ心境になってしまっていた。
 無死満塁に加え、ミスが絡んだこと、バスターエンドランを読みきれなかった悔いがあったこと、相手が大会屈指の左腕・島袋だったこと……。さまざまな要素が重なり合って、道端は冷静さを失い、周りが見えなくなっていた。
「僕のミスで乗り切れなかった。それがみんなにうつっていましたね……」(道端)

 無死満塁――。

 切羽詰った状況が視野を狭くし、思考回路を制限する。1点リードしているのに、リードされているかのような余裕のなさ。これを演出するのが無死満塁という響きなのだ。
 大ピンチだからこそ間を取り、冷静さを取り戻す時間が必要。現在の状況を確認、把握し、次にするべきプレーをイメージすることが必要。大量失点の怖れがある反面、守れば流れを呼ぶことができる。いかに「ピンチはチャンス」と考えられるか。
結果的に優勝したのは興南智弁和歌山バッテリーには、悔やんでも悔やみきれない無死満塁になった。

このページのトップへ


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 野球後進県だった沖縄はいかにして強豪県に成長したのか?【沖縄の高校野球】
第986回 【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋【大会展望・総括コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第4回 1年夏に鮮烈デビュー!興南期待の新主将・西里颯のポテンシャル【沖縄の高校野球】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
明石商vs興南【2019年 練習試合(交流試合)・春】
西日本短大附vs興南【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
興南 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する


JKで勝つ!ここでしか読めないタジケンコラム

プロフィール

田尻賢誉
田尻 賢誉
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム