第232回 【侍ジャパン特別企画】28歳以下でも戦えるプレミア12代表!サプライズにあの選手を選出!2015年10月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]先発・中継ぎ・抑えと隙が無い強力投手陣!
[2]リーグ記録安打打者、首位打者、トリプルスリー2人、30本塁打が並ぶ強力打線!
[3]残り1名はこの選手!

リーグ記録安打打者、首位打者、トリプルスリー2人、30本塁打が並ぶ強力打線!

山田 哲人(ヤクルト)

 では野手陣はどうだろう。オーダーから発表していきたい。

1番ライト 秋山 翔吾(埼玉西武ライオンズ)
<2015年インタビュー【前編】 【後編】
2番サード 川端 慎吾(東京ヤクルトスワローズ)
2013年インタビュー
3番センター 柳田 悠岐(福岡ソフトバンクホークス)
<2015年インタビュー【前編】 【後編】
4番セカンド 山田 哲人(東京ヤクルトスワローズ)
5番ファースト 中田 翔(北海道日本ハムファイターズ)
2009年インタビュー2014年インタビュー
6番レフト 筒香 嘉智(横浜DeNAベイスターズ)
2011年インタビュー
7番ショート 坂本 勇人(読売ジャイアンツ)
2013年インタビュー
8番DH 森 友哉(埼玉西武ライオンズ)
2014年インタビュー
9番キャッチャー 炭谷 銀仁朗(埼玉西武ライオンズ)

 シーズン最多安打記録となる216安打を達成した秋山、首位打者を狙う川端の2人でチャンスメイクし、あと1試合残してはいるが、トリプルスリー(3割、30本、30盗塁)が確定しつつある柳田を3番に、65年ぶりとなるトリプルスリーと100打点を確定させた山田を4番にする。そして5番には30本塁打、100打点を達成した中田と最強のクリーンナップを形成。

 また左方向への打撃を極め、打率.317、24本塁打、93打点と3部門で高い数字を残す筒香をあまりプレッシャーがかからない6番に置くことで、さらに打線に厚みが増す。7番はセ・リーグの遊撃手部門でトップの守備率を記録する坂本。今年は打率.269、12本塁打、68打点と坂本の能力からすると物足りなさはあるが、攻守の貢献度から考えれば7番はぴったり。この打順であれば坂本はさらに能力を発揮しそうだ。

 8番には初球から常にフルスイングを心掛け、高卒2年目ながら打率.287、17本塁打、68打点と驚異的な打棒を見せる森友が座る。そして9番には強肩・投手を盛り立てるリード、意外性のある打撃がウリの炭谷を置いた。

 以上、ここまで21名を選んだ。残りの7名は、一次候補6名+特別枠1名だ。サブの選手として貴重な役割を果たしそうな6名は、

伊藤 光(オリックス・バファローズ)
・菊池 涼介(広島東洋カープ)
浅村 栄斗(埼玉西武ライオンズ)
2013年インタビュー2014年インタビュー2015年インタビュー
中村 晃(福岡ソフトバンクホークス)
2008年インタビュー・2015年インタビュー【前編】 【後編】
中島 卓也(北海道日本ハムファイターズ)
平田 良介(中日ドラゴンズ)
2009年インタビュー

 選手としてのタイプがスタメンオーダーの9人と被らないよう選出した。捕手は守備力が高い伊藤。決勝までの8試合を炭谷と伊藤で乗り切り、緊急時に森を使う施策をとっていきたい。そして強打の浅村は三塁手の練習をさせつつ、右の代打としてスタンバイさせる。驚異的な守備力を誇る菊池を守備固めとして使い、ライト・一塁を守れる中村を左の代打か、守備固めとして起用。

 また今季、リーグ1位の33盗塁の中島 卓也はさらに守備が向上し、球数を投げさせる粘り打ちも魅力で、打撃の結果次第では坂本に代わるスタメンとして期待できるだろう。平田は28歳以下では貴重な右打ち外野手。左投手の先発時にはしっかりと使っていきたい選手だ。

 そして残る1人は次のページで紹介していきたい。

注目記事
・2015年秋季大会特設ページ

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 残り1名はこの選手!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第948回 柳田悠岐2世を襲名し、2020年の高卒ドライチを狙う!来田涼斗(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第42回 「四国発」的、NPB一軍公式戦レポートから見えた野球の深みと野球観を養う場の必要性【四国発】
第196回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【前編】【ドラフト特集コラム】
第913回 「球威」と「制球」を両立させた伸び盛りの本格派 清水樹(秦野リトルシニア) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】 【2019年インタビュー】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第193回 2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと【ドラフト特集コラム】
加古川北vs大阪桐蔭【2010年秋の大会 第63回近畿地区高校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2010年秋の大会 秋季府大会】
大阪桐蔭vsPL学園【大阪府 2010年秋の大会 秋季府大会】
大阪桐蔭vs金光大阪【大阪府 2010年秋の大会 秋季府大会】
全日本選抜vs近大【2010年秋の大会 日米親善高校野球大会】
秋山 翔吾(横浜創学館) 【選手名鑑】
浅村 栄斗(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
伊藤 光(明徳義塾) 【選手名鑑】
伊藤 光(浦添工) 【選手名鑑】
江越 大賀(海星) 【選手名鑑】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
岡 大海(倉敷商) 【選手名鑑】
岡田 俊哉(智辯和歌山) 【選手名鑑】
小川 泰弘(成章) 【選手名鑑】
オコエ 瑠偉(関東一) 【選手名鑑】
川端 慎吾(市立和歌山商) 【選手名鑑】
近藤 健介(横浜) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】
炭谷 銀仁朗(平安) 【選手名鑑】
筒香 嘉智(横浜) 【選手名鑑】
中島 卓也(福岡工) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中村 晃(帝京) 【選手名鑑】
中村 晃(智辯学園) 【選手名鑑】
中村 悠平(福井商) 【選手名鑑】
西 勇輝(菰野) 【選手名鑑】
平田 良介(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
森 唯斗(海部) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山﨑 康晃(帝京) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム