目次

[1]早実は12日から登場!注目は第2ブロックと第4ブロック!
[2]帝京に強豪校が集結した第10ブロックと2年連続優勝を狙う東海大菅生に注目!
[3]夏の悔しさを乗り越えた二松学舎大附の大江竜聖の投球に期待

 9月5日から秋季東京大会一次予選が開幕する。都大会まで勝ち進めば、自動的に来春の都大会出場が決定になるが、一次予選で敗れれば、春は一次予選からやり直し。その後のチーム作りに影響するかもしれない大会であり、どこのブロックに入るのかも重要である。今回は注目のブロックを紹介していきたい。

早実は12日から登場!注目は第2ブロックと第4ブロック!

清宮 幸太郎(早稲田実業)

 第1ブロック甲子園ベスト4入りした早稲田実業が登場。清宮 幸太郎が出場している第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップの日程が9月6日までで、開幕日と重複する可能性があったため、日程調整の末、12日から桜丘東農大一の勝者と初戦を迎えることとなった。これは早稲田実業に限ったことではなく、出場校の学校行事などを慮って、日程調整をしている。今回も東京都高野連の柔軟な対応により、12日からの登場となった。前チームから主力だった金子 銀佑、エース格となるであろう140キロ右腕・服部 雅生の活躍が期待されるが、新戦力でどんな選手が出てくるか楽しみだ。またこのブロックは、ベスト16、夏の東東京ベスト32の青山学院、力のある都立足立西が同ブロックなのが注目だ。

 第2ブロックは、夏8強東京実、担当校の明大中野八王子大成といった実力校が集結しており、こちらも見逃せない。このブロックと別パートになるが、躍進が期待される昭和一学園と近年、上位に進出する大森学園が同ブロックとこちらも見逃せない。

 第3ブロック春季関東大会ベスト8の佼成学園夏の東東京4強の都立篠崎が同ブロック。お互い3年生の主力が多かっただけに、どんな選手が出てくるのか注目だ。

 第4ブロック関東一都立墨田工都立神代・都立町田工の勝者と対戦。こちらも新戦力の顔ぶれが注目。関東一と別パートになるが、夏ベスト32の法政大高、好投手・柴田 迅擁する早大学院夏西東京8強で、強打者・菅野 岳史がチームを引っ張る聖パウロ学園が同ブロックとかなり熾烈な戦いが予想されそうだ。

 第5ブロックは選手層が厚い東海大高輪台と実力校・明大明治がそれぞれの山のキーとなりそう。また都立の強豪・都立江戸川の戦いぶりにも注目だ。

 第6ブロックは、夏から1、2年生で出ている選手が多かった立正大立正に注目。別パートの都立小山台は大型右腕・矢崎 裕希の成長に期待したい。

 第7ブロックは、桜美林の主力投手として期待される最速135キロ右腕・北村 祐心がどこまで伸びているか。秋にかけて本格化すると、西東京を代表する好投手になる可能性を持っている。

 第8ブロックは伝統校・日体荏原の戦いぶりに注目。投打に才能がある櫛山 快人が主力選手としてチームを引っ張れる存在になっているか。そしてウリである高い守備力で本大会まで勝ち上がっていきたい。

関連記事
・秋季東京都大会 各ブロックの組合せをチェック!
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!東京都の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

このページのトップへ