第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!2015年07月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第97回全国高等学校野球選手権奈良大会の抽選会が1日に行われ、出場する42チームの組み合わせが決まった。
春季大会上位4校がシードとしてA~Dの4つのブロックに分けられた後、シード以外の38チームが予備抽選順にクジを引いていった。各ブロックのみどころを探っていきたい。

【Aブロック】 シード:御所実

 御所実ベスト8、ベスト4と安定した力を発揮してきた。特に春季大会では5試合全てで無失策と堅守を誇る。藤田 知樹(3年)、山本 竜也(2年)の両投手を中心に、打たせて取るピッチングで、自慢の守備力を生かしたい。大和広陵は夏の奈良大会で3年連続のベスト4以上を狙う。若井 康至前監督(畝傍に転勤)に代わって今年から指揮を執る丸上 晶監督がどうチームをまとめていくか。
関西中央vs青翔、その勝者が2回戦で対戦する二階堂はいずれもと初戦を突破できていない。ここをどこが勝ち上がるかにも注目だ。

【Bブロック】 シード:橿原学院

 準優勝の橿原学院は、初の甲子園出場を目指す上で願ってもない組み合わせになった。初戦はベスト8で戦った奈良女子大附高取国際の勝者が相手。扇本 知良(3年)、島田 一気(3年)、樫田 優希(3年)の3投手をどうのように継投していくか。
春季大会ベスト8の奈良女子大附試合レポート)は9年ぶりの夏1勝が最初の目標。練習メニュー、選手起用と学生主体でやってきたスタイルを試合で発揮したい。
十津川大宇陀・吉野連合チームの対決も興味深い。郡山昨夏初戦で逆転サヨナラ3ランを浴びて敗れた悔しさを、今年にぶつける。

【Cブロック】 シード:天理

舩曳 海(天理)

 昨年決勝を戦った(試合レポート天理智辯学園が同じブロックに入った。
天理齋藤 佑羽(3年)と森浦 大輔(2年)の両左腕が安定。打線も俊足の舩曳 海(3年)や主砲の坂口 漠弥(3年)などバラエティに富んだメンバーで強力だ。今年の奈良では随一の勢力を誇るが、智辯学園高田の勝者と初戦で戦うことが大きなポイントとなりそうだ。
智辯学園ベスト4で天理に3対5で敗退した(試合レポート)リベンジの機会を得るためにも、絶対に初戦を突破したい。主将の廣岡 大志(3年)を中心に打線は昨年のチームに負けないくらいの力がある。2年生エースの村上 頌樹がどんなピッチングを見せられるか。高田も打撃に力を入れてきた。4番で主将の吉田 智貴(3年)の打撃に注目だ。
橿原秋季大会3試合で23点を挙げた得点力を夏にも見せたい、磯城野に優勝した高田商と3回戦で対決して終盤まで接戦を演じた。谷口 仁弥主将(3年)の選手宣誓で勢いをつけたい。

【Dブロック】 シード:高田商

 優勝の高田商選抜出場奈良大附などが入った最激戦ブロック。この勝ち上がりが、天理智辯学園などのCブロックと準決勝を戦うことになる。
高田商は主将の長原 実入(3年)を中心とした粘りの野球と機動力が武器。奈良大附はエース・坂口 大誠(3年)に加え、140キロ右腕の中山 怜央(3年)が成長著しい。畝傍春季大会奈良大附を延長タイブレークの末に破った。エース・坂本 龍(3年)のピッチングに注目だ。
2年前の代表校・桜井と、法隆寺国際は1回戦屈指の好試合が予想される。

(文=松倉 雄太

奈良県の高校のコラムを一挙紹介!
(天理、奈良大附、智辯学園、奈良)
奈良県のチームに、この夏にかける熱い思いを聞きました!
【僕らの熱い夏】県立畝傍高等学校(2015年06月20日公開)
【僕らの熱い夏】県立生駒高等学校(2015年06月11日公開)
【僕らの熱い夏】県立奈良情報商業高等学校(2015年06月01日公開)

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 高校野球の名門校も守備のドリル化が進む。名門校3校が実践する守備トレーニング集【技術ノート 守備編】
第170回 岡本、廣岡、太田など智辯学園のプロ、高校、大学野球界で躍動する7人のスラッガーたち【高校野球コラム】
第166回 名手を生み出す天理(奈良)の守備の基礎練習は参考になる内容だった!【野球部訪問】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第165回 「今年は不思議なチーム」天理の近畿8強への道のりと今後の課題【後編】【野球部訪問】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
扇本 知良(橿原学院) 【選手名鑑】
樫田 優希(橿原学院) 【選手名鑑】
齋藤 佑羽(天理) 【選手名鑑】
坂口 大誠(奈良大附) 【選手名鑑】
坂口 漠弥(天理) 【選手名鑑】
坂本 龍(畝傍) 【選手名鑑】
島田 一気(橿原学院) 【選手名鑑】
中山 怜央(奈良大附) 【選手名鑑】
長原 実入(高田商) 【選手名鑑】
廣岡 大志(智辯学園) 【選手名鑑】
藤田 知樹(御所実) 【選手名鑑】
舩曳 海(天理) 【選手名鑑】
村上 頌樹(智辯学園) 【選手名鑑】
森浦 大輔(天理) 【選手名鑑】
山本 竜也(御所実) 【選手名鑑】
山本 竜也(天理) 【選手名鑑】
吉田 智貴(高田) 【選手名鑑】
高田商 【高校別データ】
畝傍 【高校別データ】
大宇陀・吉野 【高校別データ】
橿原 【高校別データ】
橿原学院 【高校別データ】
関西中央 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
御所実 【高校別データ】
桜井 【高校別データ】
磯城野 【高校別データ】
青翔 【高校別データ】
青翔・二階堂・吉野・山辺 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
高取国際 【高校別データ】
高円・二階堂・山辺 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
十津川 【高校別データ】
奈良女子大附 【高校別データ】
奈良大附 【高校別データ】
二階堂 【高校別データ】
二階堂・吉野・山辺 【高校別データ】
法隆寺国際 【高校別データ】
大和広陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

松倉雄太
松倉 雄太
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:大阪府堺市
  • ■ 小学校時代は高石リトルリーグでプレーしていたが、中学時代からは野球観戦に没頭。
  • ■ 極端な言い方をすれば、野球を観る為ならば、どこへでも行ってしまう。高校野球を含むアマチュア野球全体では、年間300試合以上を観戦、取材。
  • ■ 2004年からスポーツライターとなって、『ホームラン』(廣済堂出版)、『高校野球ドットコム』、『スポーツナビ』などに寄稿。また、2005年からはABCテレビ『速報甲子園への道』にリサーチャーとして携わる。2007年には『熱闘甲子園』、2008年は『高校野球本大会中継』にも携わる一方、同局データ放送の『今日の見所』の寄稿も行っている。
  • 「高校野球の歩き方」好評連載中!
  • ■ ブログ:「諸国漫遊!?」(松倉雄太オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

高校野球の歩き方
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム