目次

[1]敦賀気比ブロック 敦賀勢3校に注目!
[2]福井工大福井ブロック:伝統校、強豪校が集結した熾烈なブロック!

 選抜優勝を決めた敦賀気比試合レポート)。その後の春季大会も優勝、そして北信越大会も準優勝(試合レポート)と県内では敵なしの戦いを見せている。春夏連覇を目指す敦賀気比や各校の状況を占っていきたい。

敦賀気比ブロック 敦賀勢3校に注目!

平沼 翔太(敦賀気比)

 敦賀気比はプロ注目のエース・平沼 翔太インタビュー記事)、攻守の要・山本 皓大、選抜準決勝(試合レポート)で2打席連続の満塁弾を放った松本 哲幣など選手の力量は全国トップクラス。また夏を見据えて、長身の2年生右腕の山﨑 颯一郎北信越大会準決勝決勝で登板させるなど、しっかりと育てているのが伺えた。初戦は福井高専三国の勝者と対戦する。初戦をどう戦っていくかは大会序盤の見所になりそうだ。

 三国は2年生主体で、1年生から主力を務める遊撃手・新家 潤がカギを握る存在となりそうだ。
福井高専は投手を中心とした守り勝つ野球で勝負する。8強の美方は、奥越明成と対戦。美方春季大会では、右腕・柴田 達也、左の川嶋 塁が登板しており、複数の投手陣で勝負できるチームだ。

 また8強の武生工は、鯖江と対戦。武生工はエース・小林 京平は粘り強い投球が持ち味。打線では長打力ある4番・酒田 一平の前に走者をためていきたい。

 面白いのは春の県大会で4強入りした啓新に1対2の接戦を演じた羽水と、8強の敦賀工が初戦で対決。
羽水啓新打線を2失点に抑えた右腕・大澤 樹や、俊足の上田 晃平、長打力のある太田 雅大がキーマンとなる。敦賀工は、3番捕手でさらに主将を務める沢嵜 大輝を中心に、つなぎの打撃で勝負。準々決勝では啓新に4対8で敗れたが、途中までリードをしており、強豪校に競る力はあるだけに見ごたえあるカードになりそうだ。

 今春ベスト4の敦賀は、最速141キロ右腕・八木 玲於、長打力のある山本 弘樹と、投打の軸がキーマンとなる。山本はの準決勝で本塁打を放っており、強豪相手にも力を発揮する頼れる左打者だ。初戦は技巧派右腕・村田 亮擁する丸岡と対戦。

■福井県の高校のコラムを一挙紹介!
【野球部訪問】敦賀気比高等学校(2014年12月13日公開)
【野球部訪問】県立春江工業高等学校(2013年01月31日公開)
■福井県のチームに、この夏にかける熱い思いを聞きました!
【僕らの熱い夏】県立羽水高等学校(2015年06月22日公開)

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!