目次

[1]創成館ブロックは長崎西、波佐見の公立校が脅威か/長崎日大、長崎商の伝統校が集うブロックは激戦が予想される
[2]佐世保実ブロックは、ノーシードの島原農が脅威となるか/2年連続の甲子園出場を狙う長崎海星は攻守に隙が無いチームを作れるか

 今年の長崎は、NHK杯優勝創成館、昨夏甲子園出場の海星の2強に、長崎日大清峰長崎商といった伝統校が割り込む形なのが印象的だ。ノーシードから躍進を狙う強豪校も多く、こちらも激戦が予想される大会になりそうだ。

創成館ブロックは長崎西、波佐見の公立校が脅威か

鷲﨑 淳(創成館)

 秋季大会優勝NHK杯優勝創成館が優勝候補に挙がるだろう。特に素晴らしいのは打線で、主砲・鷲﨑 淳、強打の捕手・大田 圭輔、好打者・嶋田 力也などアベレージヒッターが揃い、隙がない。そして内野守備は堅実で、失点を計算できる布陣で、洗練された好チームだ。初戦は西彼杵北松西の勝者と対戦する。

 また強豪・鎮西学院と伝統的に強打者を育てる瓊浦の対決も注目だ。このブロックには、2年生4番の井崎 光次郎がチームを引っ張る長崎西も注目だ。

 さらにベスト8諫早壱岐と対戦。同ブロックには昨秋ベスト8波佐見が登場。守備力の高さが光る遊撃手・内川 元気、二塁手の福田 恵祐の二遊間コンビに注目だ。

長崎日大、長崎商の伝統校が集うブロックは激戦が予想される

 長崎南山は、好投手・梅田 幸河の活躍により春の県大会ベスト4。同ブロックの長崎日大では大瀬良 大地投手(現・広島東洋カープ)の弟である大瀬良 優人が注目だ。大瀬良も兄同様、威力ある速球を投げ込む投手。お互い勝ち抜けば対決は2回戦で実現するが、大会序盤の見所といえるだろう。

 同ブロックでシードの伝統校・長崎商は、小柄ながらパンチ力溢れる打撃を見せ、俊足でもある遊撃手・山川 晃汰が軸となりチームを引っ張る。初戦は松浦と伝統校・島原中央の勝者と、どちらが勝ち上がっても好ゲームが期待できそうだ。

長崎県の高校のコラムを一挙紹介!
【野球部訪問】九州文化学園高等学校(2012年09月05日公開)
【野球部訪問】瓊浦高等学校(2011年10月08日公開)
この夏にかける熱い想いを聞きました!
【僕らの熱い夏】県立鹿町工業高等学校(2015年06月13日公開)
【僕らの熱い夏】県立波佐見高等学校(2015年06月03日公開)

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!