第160回 【第97回和歌山大会展望】今年も初戦から注目カード目白押し!夏を制するのはどこ?2015年06月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]市立和歌山、智辯和歌山、桐蔭の「全国組」が揃ったBブロック
[2]Cブロックでは注目の初戦、日高中津vs初芝橋本が実現

 第97回全国高等学校野球選手権和歌山大会の抽選会が20日に行われ、準々決勝までの組み合わせが決まった。
抽選会では春季大会の上位4校がシードとしてA~Dのブロックに振り分けられた後、シード以外の35校が順にクジを引いていった。今年も準決勝以降は再抽選となる。

市立和歌山、智辯和歌山、桐蔭の「全国組」が揃ったBブロック

春野 航輝(智辯和歌山)

【Aブロック】 シード:紀北工
 創部50年目で初めてシードを獲得した紀北工と、優勝ベスト8(試合レポート)の箕島の対決に注目が集まる。紀北工は粘り強いピッチングが持ち味のエース・瀬岡 渉(3年)を中心にした守りのチーム。箕島はレギュラー7人が2年生と若いチームで勢いがつくと怖い。中村 光(2年)、福居 蓮矢(2年)と左右のエースも安定している。
開幕戦に登場する和歌山東準優勝校。津森 宥紀(3年)、春木 耀平(3年)、出島 史也(3年)の3投手を擁し、捕手の山本 礼斗主将(3年)がチームをまとめる。対する笠田昨夏2回戦で敗れた相手にリベンジを狙う。夏は2011年を最後に勝ちがなく、久々に勝って校歌を歌いたい。

【Bブロック】 シード:智辯和歌山
 昨夏決勝を戦った市立和歌山智辯和歌山選抜出場の桐蔭がこのブロックに入った。
智辯和歌山新人戦秋の県大会を勝てなかったが、を制して自信をつけた。山本 龍河(3年)、西山 統麻(3年)、春野 航輝(3年)のクリーンアップは和歌山では群を抜いている。課題はエース・齋藤 祐太(3年)に次ぐ投手陣。例年なら高嶋 仁監督の戦い方はエースを大会後半まで極力温存させるが、今回の相手関係をどう考えて投手起用するかに注目だ。
相手となる有田中央は、は初戦で敗れたがシードを獲った紀北工と1点差の接戦を演じた。今回も初戦で強豪となったが、先取点を挙げて相手を慌てさせる展開に持ち込みたい。
連覇を狙う市立和歌山は、捕手の田中 佑汰(3年)と、中山 将太(3年)、西山 翔真(3年)の三遊間が甲子園経験者。初戦の相手である那賀も力があり、好勝負が期待できそう。
選抜出場の桐蔭は大会初日に登場。エース・伊澤 由紘(3年)のピッチングと甲子園で活躍した橋中 基岐(3年)の打撃に注目。初戦の相手、新宮との伝統校対決は5年ぶりとなる。

和歌山県の高校のコラムを一挙紹介!
【野球部訪問】市立和歌山高等学校【後編】 (2015年03月11日公開)
【野球部訪問】市立和歌山高等学校【前編】(2015年02月01日公開)
【野球部訪問】紀北工業高等学校 (2014年04月17日公開)
【野球部訪問】智弁和歌山高等学校【後編】 (2010年07月29日公開)
【野球部訪問】智弁和歌山高等学校【前編】(2010年07月29日公開)
【野球部訪問】県立向陽高等学校(2010年03月11日公開)
■和歌山県のチームに、この夏にかける熱い思いを聞きました!
【僕らの熱い夏】県立貴志川高等学校(2015年06月15日公開)
【僕らの熱い夏】県立笠田高等学校(2015年06月05日公開)

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 Cブロックでは注目の初戦、日高中津vs初芝橋本が実現

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1283回 真の4番打者へ。元プロの指揮官が分析するスラッガー・徳丸天晴(智辯和歌山)の課題 【2020年インタビュー】
市立和歌山vs伊香【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
伊香vs市立和歌山【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
第1272回 プロ野球選手の兄の背中を追いかける最速143キロ左腕・中川大雅(箕島)の決意 【2020年インタビュー】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
市立和歌山vs智辯和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
伊澤 由紘(桐蔭) 【選手名鑑】
小川 祐一郎(南部龍神) 【選手名鑑】
北畑 裕士(海南) 【選手名鑑】
久保 和馬(紀央館) 【選手名鑑】
栗栖 悠太(日高中津) 【選手名鑑】
黒瀬 健太(初芝橋本) 【選手名鑑】
齋藤 祐太(智辯和歌山) 【選手名鑑】
坂本 公志(熊野) 【選手名鑑】
新宅 優也(熊野) 【選手名鑑】
瀬岡 渉(紀北工) 【選手名鑑】
津森 宥紀(和歌山東) 【選手名鑑】
出島 史也(和歌山東) 【選手名鑑】
出羽 遼大(田辺) 【選手名鑑】
土井 敦俊(田辺) 【選手名鑑】
中村 光(箕島) 【選手名鑑】
中村 光(市太田) 【選手名鑑】
中山 将太(市立和歌山) 【選手名鑑】
西山 翔真(市立和歌山) 【選手名鑑】
西山 統麻(智辯和歌山) 【選手名鑑】
橋中 基岐(桐蔭) 【選手名鑑】
春木 耀平(和歌山東) 【選手名鑑】
春野 航輝(智辯和歌山) 【選手名鑑】
福居 蓮矢(箕島) 【選手名鑑】
増田 雄亮(日高中津) 【選手名鑑】
山本 龍河(智辯和歌山) 【選手名鑑】
山本 礼斗(和歌山東) 【選手名鑑】
吉中 勇人(県立和歌山商) 【選手名鑑】
米田 知弘(橋本) 【選手名鑑】
有田中央 【高校別データ】
石田・笠田 【高校別データ】
石田・笠田・琴平 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
紀央館 【高校別データ】
紀北工 【高校別データ】
熊野 【高校別データ】
新宮 【高校別データ】
田辺 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
桐蔭 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
橋本 【高校別データ】
初芝橋本 【高校別データ】
日高中津 【高校別データ】
南部龍神 【高校別データ】
箕島 【高校別データ】
県立和歌山商 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】
和歌山東 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

松倉雄太
松倉 雄太
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:大阪府堺市
  • ■ 小学校時代は高石リトルリーグでプレーしていたが、中学時代からは野球観戦に没頭。
  • ■ 極端な言い方をすれば、野球を観る為ならば、どこへでも行ってしまう。高校野球を含むアマチュア野球全体では、年間300試合以上を観戦、取材。
  • ■ 2004年からスポーツライターとなって、『ホームラン』(廣済堂出版)、『高校野球ドットコム』、『スポーツナビ』などに寄稿。また、2005年からはABCテレビ『速報甲子園への道』にリサーチャーとして携わる。2007年には『熱闘甲子園』、2008年は『高校野球本大会中継』にも携わる一方、同局データ放送の『今日の見所』の寄稿も行っている。
  • 「高校野球の歩き方」好評連載中!
  • ■ ブログ:「諸国漫遊!?」(松倉雄太オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

高校野球の歩き方
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム