第158回 【第97回鹿児島大会展望】3年振りの甲子園を目指す神村学園を軸に鹿児島実、樟南、れいめいを中心に展開!2015年06月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]【神村学園―国分中央パート】神村学園優位か、序盤で番狂わせがあるか!?/
【鹿児島実―出水中央パート】鹿児島実、学校創立100周年目に大会制覇なるか

[2]【れいめい―鹿児島城西パート】安定感のあるれいめい、この1年間で唯一神村学園を破った鹿児島城西!/【大島―樟南パート】守備からリズムを作る樟南、大島

 第97回全国高校野球選手権鹿児島県大会の組み合わせ抽選会が6月20日、鹿児島市の鶴丸高校文化館で行われた。今大会の出場校は2つの連合チームを含む76チーム80校。大会は7月4日に鹿児島市の県立鴨池球場(雨f天時は鴨池ドーム)で開会式があり、県立鴨池球場鴨池市民球場の両球場で20日まで(雨天順延)夏の甲子園を目指した熱戦を繰り広げる。

 開会式の選手宣誓は大口の図師 悠人主将(3年)が務める。
抽選会では参加校の投票でシード校が選出され、神村学園樟南れいめい出水中央鹿児島実鹿児島城西大島国分中央の8校がシードとなった。このあと残りチームが抽選し、対戦カードが決まった。
春センバツ出場、NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会優勝(試合レポート)の第1シード神村学園が頭一つ抜けている印象はあるが、「頭一つ」の差などは勢いづいたチームなら簡単に覆せるのが夏だ。2年生の元気が良い樟南れいめい出水中央の北薩勢、捲土重来を期す鹿実などシード勢を中心に、侮れない力を秘めたチームは多い。第3シードれいめいが初戦で昨夏の覇者・鹿屋中央と対戦するなど、序盤からシード校といえども気の抜けない好カードが多いのも特徴的だ。組み合わせを4つのパートに分けて大会の展望を述べてみる。

【神村学園―国分中央パート】神村学園優位か、序盤で番狂わせがあるか!?

北庄司 恭兵(神村学園)

 このパートではシード神村学園の優位は揺るがないだろう。エース北庄司 恭兵(3年)をはじめ、新里 武臣(3年)、内田 雅輝(2年)と実戦経験豊富な投手陣がそろっており、注目度ナンバーワンのスラッガー山本 卓弥(3年)ら打線も力があり、上位から下位までどこからでも点が取れる。
以前は守備のミスから崩れることが課題だったが、そういう試合も少なくなってきた。センバツの初戦で大敗した(試合レポート)雪辱を晴らすためにも県予選は盤石の強さを発揮して勝ち上がりたいところだ。この神村学園に序盤で番狂わせを起こす可能性があるのは、大隅の雄・尚志館、同じ南薩地区の強豪・加世田あたりか。

 第8シード国分中央は夏の強さに定評がある。データを駆使して大胆な守備のシフトを敷いたり、機動力を駆使した攻撃など、斬新な野球で鹿児島球界に新風を起こした。ただし、国分中央が8強に勝ち上がるためには、初戦の薩摩中央をはじめ、名将・中迫 俊明監督率いる川内、夏に強い鹿児島南鹿屋国分中央と並ぶ姶良・伊佐地区の雄でシード校に選ばれてもおかしくない実力校・加治木工などが待ち構えており、どこが8強になってもおかしくない展開になりそうだ。

【鹿児島実―出水中央パート】鹿児島実、学校創立100周年目に大会制覇なるか

 シードの出水中央鹿児島実が力的には抜け出ている。出水中央は、昨夏以降のこの1年間、県大会で8強以上の安定した成績を残している。エース溝口 凌平(3年)を中心にした堅守に定評があり、守りからリズムを作る野球が持ち味。NHK旗争奪鹿児島県選抜大会(以下、NHK旗大会)準決勝では神村学園を最も追い詰めた(試合レポート)。1960年夏出水商以来、55年ぶりの出水市からの甲子園を目指す。

 今年が学校創立100周年となる鹿児島実第92回大会ぶりの優勝に向けて調子を上げてきている。リードオフマンの室屋 太郎(3年)、2年生スラッガー・綿屋 樹らを擁する看板の強力打線に加えて、投手陣では最速140キロ台の直球を持つ右腕・橋本 拓実(3年)が成長したことで、大きな柱ができた。地方からの初出場が相次ぐ中、名門校の捲土重来を期す。

 これに続くのは右腕・上塩入 健斗(3年)、左腕・神薗 康太(3年)の2本柱を擁する薩南工、強力打線を持つ種子島、古豪復活の足掛かりをつかみたい鹿児島商あたりか。
出水中央と初戦で対戦する鹿屋農もエース・小城 博輝(3年)ら好左腕を擁しており、春は出水中央と0対1の接戦(試合レポート)を演じただけに、侮れない力を持っている。松陽薩南工国分鹿児島商は注目した初戦のカードだ。

鹿児島県の高校のコラムを一挙紹介!
【野球部訪問】鹿児島実業高等学校(2015年06月20日公開)
【野球部訪問】神村学園高等部(2015年03月17日公開)
【野球部訪問】尚志館高等学校(2013年01月09日公開)
【野球部訪問】県立松陽高等学校(2012年02月09日公開)
【野球部訪問】れいめい高等学校(2011年08月16日公開)
【野球部訪問】県立志布志高等学校(2011年05月03日公開)
■鹿児島県のチームに、この夏にかける熱い思いを聞きました!
【僕らの熱い夏】市立鹿児島玉龍高等学校(2015年06月19日公開)

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 【れいめい―鹿児島城西パート】安定感のあるれいめい、この1年間で唯一神村学園を破った鹿児島城西!/【大島―樟南パート】守備からリズムを作る樟南、大島

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 万里一空~すべての高校球児に贈るメッセージ【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
東京大vs鹿児島大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
慶応大vs第一工業大、鹿児島国際大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
第68回 そのマネジメントはまるで社長。就任1年目で甲子園出場を経験した鬼塚佳幸監督(沖学園)の指導法とは【名将たちの言葉】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
上園 健弥(樟南) 【選手名鑑】
内田 雅輝(神村学園) 【選手名鑑】
落合 進太郎(樟南) 【選手名鑑】
神薗 康太(薩南工) 【選手名鑑】
河北 光生(れいめい) 【選手名鑑】
北庄司 恭兵(神村学園) 【選手名鑑】
小城 博輝(鹿屋農) 【選手名鑑】
杉安 浩(れいめい) 【選手名鑑】
新里 武臣(神村学園) 【選手名鑑】
橋本 拓実(鹿児島実) 【選手名鑑】
畠中 優大(樟南) 【選手名鑑】
浜屋 将太(樟南) 【選手名鑑】
林 健斗(奄美) 【選手名鑑】
林 健斗(創成館) 【選手名鑑】
火ノ浦 明正(れいめい) 【選手名鑑】
前山 優樹(大島) 【選手名鑑】
室屋 太郎(鹿児島実) 【選手名鑑】
山本 卓弥(神村学園) 【選手名鑑】
綿屋 樹(鹿児島実) 【選手名鑑】
奄美 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
伊集院 【高校別データ】
出水 【高校別データ】
出水商 【高校別データ】
出水中央 【高校別データ】
指宿・頴娃・山川・川辺 【高校別データ】
大口 【高校別データ】
大口・伊佐農 【高校別データ】
大口・伊佐農林・霧島・串良商 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
開陽・修学館・加世田常潤 【高校別データ】
開陽・高等支援・加世田常潤・串木野 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加治木 【高校別データ】
加常潤 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
加世田常潤・市来農芸・串木野・開陽・鹿高等支援 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
鹿屋 【高校別データ】
鹿屋工 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
鹿屋農 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
川辺 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
薩南工 【高校別データ】
薩摩中央 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
川内商工 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
種子島 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
隼人工・国分中央 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】
枕崎 【高校別データ】
山川・川辺・垂水 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】
コメント (1)
頑張れ 徳高2015.07.20 力太郎
全力プレーで一戦必勝

東京から応援してます。



コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム