第141回 【春季大会総括】先を見据えた浦和学院、川越東を後を追う埼玉の各校たち2015年05月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]先を見据えた浦和学院、川越東。17人の東京成徳大深谷
[2]戦力整理中の春日部共栄、夏の爆発を期待したい花咲徳栄、埼玉栄

観戦レポートと大会展望はこちらより!
2015年春の大会 春季埼玉県大会
2015年春季大会 埼玉県地区予選
【春季大会展望】初戦から好カード目白押しの埼玉県大会の見所!
2015年の高校野球を占う【埼玉編】「浦和学院が一歩リードも、今年も混戦模様!」

 浦和学院の優勝で幕を閉じた埼玉県大会。激戦あり、感動ありと高校野球ファンの感情を揺さぶられるような試合が多かった埼玉県大会を総括する。

先を見据えた浦和学院、川越東。17人の東京成徳大深谷

小倉(浦和学院)

  優勝候補に挙がる学校がそのまま前評判通りの結果を残すチームというのは、選手たちの個々の能力の高さ、野球の質だけではなく、先のことを見据えて、どれだけ余裕をもってプレーできているか。今年の浦和学院は春の優勝は通過点であくまで夏の甲子園に出場することを主眼に置いて取り組んでいるのが伝わってくる。この春はエースの江口 奨理の登板はなかった。

 本格派左腕・小倉 匡祐、2年生右腕・榊原 翼、左腕・森兼 望の成長が著しく、江口頼りではなくても勝負できる布陣となってきた。また打線のレベルも底上げし、得点力があり、何よりそれぞれの個性が出た打線で、簡単には打ち取れない凄味が出ている。この夏も優勝候補筆頭になりそうだ。

 準優勝の川越東は、投手陣ではエースの高橋 佑樹が目立つチームだったが、右サイドの磯川 雄太が台頭し、県大会でも好投を見せたことで、バリエーションが広がった。また準決勝ではこの2人が投げずに、関東大会進出を決めるなど、いろいろな選手を試しながら勝つことができたのは夏へ向けては大きな収穫だ。打倒・浦和学院へ向けて、着々と準備しているのが伝わる内容であった。

 3位で関東大会出場の聖望学園は、エースの松本 龍尭が急成長。松山試合レポート)に1対0で完封勝利を挙げると、2回戦の所沢西戦(試合レポート)では13奪三振の好投を見せると、3回戦の西武文理戦(試合レポート)では、2安打完封。さらに準々決勝の花咲徳栄戦(試合レポート)では、1失点完投勝利と、まさに関東大会出場の原動力となったといっても過言ではない。そして打者では地区予選・県大会通じて3本塁打を放った2年生スラッガー・大野 亮太も成長も著しく、関東大会を経て投打で厚みが出てくるか。

 4位の東京成徳大深谷は3年生17人だけで勝ち上がった。個人を紹介すると、威力ある速球を武器にするエース落合 大地、リードと強肩が光る180センチの大型捕手・吉田 龍弘、170センチと小柄ながら広い大宮公園球場で本塁打を打ち、粘れて右打ちができる理想的な1番打者・高橋 滉斗と粒ぞろいの選手たちだ。昨年の4月からグラウンドが諸事情で使用することができず、練習はキャッチボールが中心。軟式の野球場でゴロの捕球練習を行い、バッティング練習は土日にバッティングセンターで行い、フリーバッティングは出来ないなどの厳しい環境の中で、実力に磨きをかけてきた。初戦の川越工戦で逆転サヨナラ勝ちすると、その後も正智深谷春日部東試合レポート)を破ってきた。

 限られた環境の中で奮闘を見せ、グラウンドで躍動する東京成徳大深谷ナインの姿に惹きつけられ、後押しするファンが、勝ち進むごとに大きくなり、それが彼らにとって大きな力となっている。この夏も、後押しする人の存在はより大きくなるだろう。最後の夏に燃える17名のストーリーをぜひ埼玉の高校野球ファンは目に焼き付けてほしい。

2015年度 春季高校野球大会 特設ページ
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

このページのトップへ

【次のページ】 :戦力整理中の春日部共栄、夏の爆発を期待したい花咲徳栄、埼玉栄

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第997回 2020年の埼玉は春日部共栄、聖望学園、浦和実だけの強豪だけではなく、秋の県大会に出ていない山村学園も脅威!【大会展望・総括コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs聖望学園【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1039回 目的意識を持った打撃練習が生んだマルチヒット 安打製造機・韮澤雄也(花咲徳栄)が意識すること 【2019年インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
磯川 雄太(川越東) 【選手名鑑】
大瀧 愛斗(花咲徳栄) 【選手名鑑】
大野 亮太(聖望学園) 【選手名鑑】
小倉 匡祐(浦和学院) 【選手名鑑】
落合 大地(東京成徳大深谷) 【選手名鑑】
鎌倉 知也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
榊原 翼(浦和学院) 【選手名鑑】
高野 凌治(春日部共栄) 【選手名鑑】
高橋 佑樹(川越東) 【選手名鑑】
高橋 滉斗(東京成徳大深谷) 【選手名鑑】
高橋 昂也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
出井 敏博(埼玉栄) 【選手名鑑】
登坂 航大(市立川越) 【選手名鑑】
松本 龍尭(聖望学園) 【選手名鑑】
森兼 望(浦和学院) 【選手名鑑】
吉田 龍弘(東京成徳大深谷) 【選手名鑑】
上尾 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・桶川西 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・深谷・鳩山・児玉 【高校別データ】
朝霞 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
浦和実 【高校別データ】
大宮東 【高校別データ】
桶川西・上尾鷹の台・上尾橘・越生 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
春日部東 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
川越東 【高校別データ】
埼玉栄 【高校別データ】
西武文理 【高校別データ】
聖望学園 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
松山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム