第87回 個性的な選手が世間を沸かせた2014年の高校野球2014年12月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 後編では、夏の甲子園で主役となったチームや選手を中心に話を進めていきたい。今年のドラフト指名選手から、どんなタイプの選手が今年の高校野球界のトップになったのかを考察する。

【目次】
[1] スローボールで魅せた西嶋亮太、強打の敦賀気比、機動破壊の健大高崎
[2] 一致団結して2年ぶりの全国制覇を成し遂げた大阪桐蔭
[3] 個性的な野手が目立った2014年の高校生

「2014年の高校野球を振り返る 名門復活を印象付ける龍谷大平安の優勝」はこちら

スローボールで魅せた西嶋 亮太、強打の敦賀気比、機動破壊の健大高崎

西嶋 亮太(東海大四)

 第96回高校野球選手権大会の地方大会では、前年優勝前橋育英前年選抜優勝浦和学院、最速157キロ右腕・安樂 智大擁する済美が相次いで敗退。またセンバツ出場校中、夏も甲子園に戻れたのは、32校中8校のみで、改めて夏の大会を勝ち抜く厳しさを実感させられた。そして、甲子園開幕戦では選抜覇者龍谷大平安春日部共栄試合レポート)に敗退した。

 今夏の大会の特徴としては、高校野球ファンだけではなく、世間から注目される個人やチームが多かったことが挙げられる。

 まず個人では、西嶋 亮太東海大四)が大きく注目を浴びた。168センチ59キロと小柄な体格ながら、キレのある130キロ台のストレート、精度の高い変化球をコントロール良く投げ込む。さらにスローボールも交えて、南北海道大会を勝ち抜く活躍をみせた。
甲子園初戦の相手はプロ入りした清水 優心古沢 勝吾と強打者2人擁する九州国際大付。試合前は、九州国際大付有利の見方が多かったが、西嶋は緩急自在な投球で、強打の九州国際大付打線を手玉に取り、完投勝利(試合レポート)を挙げた。そして試合中に投げた超スローボールで一躍、注目を浴びるようになった。

 西嶋のすごさは、遅い球を投げる勇気があるというところだ。あるプロ野球の投手でさえも、「めちゃくちゃ勇気がいります」と語るように、一歩間違えれば、痛打を浴びるリスクもあるのだ。相手の目先を変えるためにスローボールの練習に取り組み、自分の武器として身につけた西嶋の姿勢は高く評価されるものだろう。

 またチームでは、猛打で勝ち上がった敦賀気比、機動破壊で甲子園のファンを湧かせた健大高崎が話題の的となった。敦賀気比は、初戦で坂出商(試合レポート)を16対0で下すと、春日部共栄試合レポート)には10対0、盛岡大附試合レポート)には16対1、八戸学院光星試合レポート)を7対2で破り、準決勝に進出した。毎試合本塁打を記録するなど、3回戦まで3試合連続二桁得点の勢いはすさまじいものがあった。

 打線の中心である浅井 洸耶岡田 耕太峯 健太郎のクリーンナップは周囲の期待通りに本塁打を放った。また、前後を打つ選手の打撃能力も非常に高く、「敦賀気比は強打のチーム」と印象付けた夏だった。破壊力の秘訣は、冬に取り組んだ毎日800本のフルスイングだった。打撃強化のためには、スイングスピードを速くすることと、それを継続することが出来る体力が必要といわれている。スイングスピードが速ければ、速球に対応することが出来る。また始動の仕掛けが遅くなることで、ボールを長く待つことが出来る。プロの打者が、全体的に仕掛けが遅く小さな始動で打てるのは、スイングスピードがずば抜けて速いからだ。

 敦賀気比は、毎日800本のフルスイングに取り組んだことによりスイングスピードが速くなった。また、タイミングの取り方に余裕が出たことで、速球、変化球に難なく対応できるようになった。そして、速いヘッドスピードを振り続ける体力を身に付けたことで、真夏の甲子園でも強打を発揮することが出来たのだ。

<コラムに登場した学校の野球部訪問を紹介!>
第50回 九州国際大学付属高等学校(福岡)
第142回 龍谷大学付属平安高等学校(京都)
第155回 春日部共栄高等学校(埼玉)
第158回 敦賀気比高等学校(福井)
第151回 高崎健康福祉大学高崎高等学校【前編】
第159回 高崎健康福祉大学高崎高等学校【後編】
第160回 前橋育英高等学校(群馬)【前編】
<コラムに登場した選手のインタビュー・関連記事>
第159回 九州国際大学付属高等学校 清水 優心 選手
第199回 前橋育英高等学校 高橋 光成選手
第201回 【侍ジャパン18U代表】前橋育英高等学校 高橋 光成選手
連載コラム 安樂智大(済美)

このページのトップへ

【次のページ】 一致団結して2年ぶりの全国制覇を成し遂げた大阪桐蔭

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs白樺学園【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs倉敷商【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第3回 健大高崎高等学校(群馬・関東地区代表)史上初の3位の関東制覇!投打の総合力は出場校トップクラス!【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
香月 一也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
栗原 陵矢(春江工) 【選手名鑑】
清水 優心(九州国際大付) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
西嶋 亮太(東海大四) 【選手名鑑】
峯本 匠(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
脇本 直人(健大高崎) 【選手名鑑】
春日部共栄 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム