トーナメント表
東京都大会の組み合わせ

大会の詳細・応援メッセージ
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会 一次予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
東京TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 来春のセンバツ出場を目指し、秋季都大会の組み合わせが決まった。夏の8強のチームは本大会ではシードされるが、都立城東都立富士森都立小山台都立文京と、夏の大会を盛り上げた都立勢は1次予選で敗退。私立の強豪12校だけがシードされた。

 1回戦では、國學院久我山創価東海大菅生日大豊山岩倉日大鶴ヶ丘といったカードが注目されるが、全体的に強豪校が散らばった感じだ。その一方で、3回戦に好カードが予想され、大会の大きなヤマ場になりそうだ。

 3回戦での対戦が予想されるカードで、特に注目したいのが、早稲田実業関東一帝京國學院久我山修徳日大三の3カード。

 早稲田実業関東一は昨秋も2回戦で対戦。この時は関東一が6対0で圧勝している。けれども早稲田実業には、1年生ながら攻守で活躍した宇野 真仁朗ら夏の経験者が多数いる。それに対して関東一は、メンバーの大半が入れ替わったが、1次予選で好投手を擁する明大中野に圧勝するなど、力はやはりトップクラスだ。

 帝京國學院久我山は、昨秋と今年の春に対戦。秋は國學院久我山が勝ち、春は帝京が勝っている。大会連覇を目指す國學院久我山は、エースの木津 寿哉が投打の中心だが、常木 竣一朗、矢野 丈太郎、原 隆太朗ら力のある1年生がおり、戦力は充実している。対する帝京高橋 蒼人は、今大会屈指の好投手。左腕の安藤 翔も力をつけている。打者では稲垣 渉などがおり、この両校の対戦は、優勝の行方を左右するビッグマッチになりそうだ。

 修徳日大三は、長身の篠﨑 国忠や横手投げの竹澤 尚輝を擁する修徳投手陣と、日大三打線の対決になりそうだ。

 もっとも、この3カードが必ず実現するとは限らない。早稲田実業が初戦で対戦する東京都市大付のエース、左腕の田畑 遼は制球力がいい。2回戦では、1次予選で城西大城西に圧勝した日本ウェルネス東京などが控える。

 関東一は2回戦で世田谷学園都立狛江の勝者と対戦するが、世田谷学園は攻守のバランスが良く、都立狛江は1年生の佐藤 佑樹が投打でチームを引っ張る。

 國學院久我山創価は、戦力的には國學院久我山が優勢だが、創価も強豪校だけに、気が抜けない。帝京には都立豊多摩都立青山都立片倉といった都立勢が挑む。

 修徳のブロックには郁文館錦城学園都立紅葉川と油断のできないチームがそろう。日大三にとっては、2回戦で予想される明大中野八王子戦も重要な一戦になる。