メンバー一覧
U-18代表20名が発表!今年の高校野球の顔や、世代屈指のスラッガー、高校生No.1捕手が選出!

関連記事
高校生No.1右腕・山田陽翔、本格派、技巧派揃いのU-18代表投手陣8名を徹底紹介!
松尾、渡部、野田と今年のU-18代表捕手3名は全国大会経験豊富!守備の要として活躍できるか?

 9月9日、米フロリダで開幕する「第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場するU-18代表20名(全員3年生)が決まった。選ばれた20名の特徴についてポジション別で紹介をしていきたい。第3回は内野手編だ。

【内野手】6名
赤堀 颯聖光学院
藤森 康淳天理
伊藤 櫂人大阪桐蔭
光弘 帆高履正社
内海 優太広陵
仲井 慎下関国際

 赤堀はこの夏、甲子園4強に導いた好打の遊撃手だ。ライナー性の打球が多く、安打を重ねる。持ち味は軽快なフットワークが光る守備。さらに視野も広く、投手を助ける守備も多く見られた。聖光学院・斎藤監督も絶賛するキャプテンシーもあり、即席の代表チームをまとめる上では、欠かせない存在となりそうだ。

 藤森は、天理のトップバッターとして大活躍。速球投手に強く、象徴的だったのは、享栄との愛知招待試合で149キロ左腕・東松 快征投手から二塁打、三塁打を放ち、しっかりと速球に対応できていた。藤森自身、速球への対応には自信があると語る。スイング軌道を見ても実に無駄がなく、速球に対して立ち遅れしない打撃ができている。そして軽快な二塁守備も魅力的。木製バットの対応もスムーズにできるタイプではないか。

 伊藤は大阪桐蔭(大阪)の野手の中でも、最も打撃成績を残しそうな選手ではないか。打撃が実にシンプル。的確に球を捉えるために構え、タイミングのとり方、軸足の体重の掛け方など、細部まで意識している。そのため、比較的、早めに対応ができるタイプではないか。また三塁守備も軽快で、肩が強く、何より積極的な走塁が光る。今年の代表チームのキーマンとなりそうだ。

 光弘は守備範囲が広く、ヒット性の打球を阻止するプレーも度々披露する。大阪大会ではこねる打球が多く、不本意の夏に終わったが、履正社はもともと木製バットで打撃練習を行うチームでもあるので、しっかりと自分の打撃フォームで打てれば持ち味を発揮するタイプではないか。

 内海は明治神宮大会やセンバツ大会でも活躍を見せたように、大型選手でありながら合理的な打撃フォームで長打を次々と量産する左のスラッガー。木製バットの順応も早い選手といえるだろう。一塁手、外野もこなせるため、起用の幅が広い。

 仲井はこの内野陣の中では、野手よりもストッパーとしての役割が求められる。ぜひ仲井の持ち味が最大限に発揮される起用を期待したい。

(文=河嶋 宗一