メンバー一覧
U-18代表20名が発表!今年の高校野球の顔や、世代屈指のスラッガー、高校生No.1捕手が選出!

関連記事
高校生No.1右腕・山田陽翔、本格派、技巧派揃いのU-18代表投手陣8名を徹底紹介!
松尾、渡部、野田と今年のU-18代表捕手3名は全国大会経験豊富!守備の要として活躍できるか?

 9月9日、米フロリダで開幕する「第30回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場するU-18代表20名(全員3年生)が決まった。選手紹介の2回目となる今回は捕手を紹介する。

【捕手】3名
渡部 海智辯和歌山
松尾 汐恩大阪桐蔭
野田 海人九州国際大付

 渡部はU-15代表も経験している強打の捕手。2年夏には甲子園優勝に大きく貢献した。この春の近畿大会ではセンバツ覇者の大阪桐蔭(大阪)を破る好リードも見せるなど、攻守の総合力は全国トップクラスだ。

 7月の取材では木製バットで本塁打性の打球を連発していた。今年の和歌山大会では3本塁打をマーク。甲子園では不発に終わったが、速球、変化球への対応力も高く、安定した打撃が期待できる。守備面では、投手の持ち味を引き出すリードだけではなく、キャッチング、スローイング能力も高く、盗塁を試みられても常にベース上へコントロールできる技術がある。

 松尾は甲子園出場4回を経験。経験値の高さは今年の捕手でも随一で、打者としても甲子園通算5本塁打を記録したスーパーキャッチャーだ。

 スローイングもうまく決まれば、1.7秒前後を計測するなど超強肩を持つ。キャッチング能力も高く、ストライクに導くフレーミングにも注目だ。打撃については、バックスイングが大きいフォームで、特にグリップが体の奥側に入りすぎる傾向にある。過去にこういうスイングをした選手は、木製バットへの順応が遅くなりがちで、多少の時間がかかるのは仕方ない。短い練習期間だが、どこまで順応できるか。スーパーラウンド以降から持ち味を発揮することを期待したい。

 野田は、1.8秒〜1.9秒台の強肩をマークするディフェンス型の捕手。特に香西 一希投手(九州国際大付)とのコンビは息ぴったりで、強力打線相手にもロースコアのゲームが作れるリードセンスがある。何より今夏甲子園で馬淵監督率いる明徳義塾(高知)を破ったのはポイントが高かった。

 技巧派投手の導きは文句なしで、香西の登板時は野田と組むことが予想される。本格派右腕、本格派左腕が多い今大会の投手陣をどう導くのか、注目していきたい。

 木製バットの順応はこれからで、守備を期待される選手ではないか。

 3人とも下級生から経験豊富な捕手で、マスクを被った時の安定感がある。今年の代表選手は攻撃よりも守備型重視の選手が多いので、あまり得点は見込めず、3点をとって守り切るスタイルのチームになると考えられる。そうなると、正捕手になった選手のインサイドワークが鍵を握るのではないだろうか。

(文=河嶋 宗一