目次

【目次】
[1]140キロ超えの盤石投手陣誇る下関国際に浜田は総力戦で勝負!
[2]打線好調の九州学院、勢い乗る國學院栃木も期待大
[3]敦賀気比は中軸に期待 聖光学院は上位打線で得点を重ねられるか
[4]好調・二松学舎大附は序盤勝負 大阪桐蔭の投手陣の立ち上がりを崩せるか


 第104回全国高校野球選手権大会(甲子園)は第9日の14日を持って、ベスト16が出揃った。これからはベスト8をかけた3回戦となるが、16日予定の4試合の展望を紹介する。

140キロ超えの盤石投手陣誇る下関国際に浜田は総力戦で勝負!


トーナメント表
夏の甲子園の組み合わせ

関連記事
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

第1試合 下関国際(山口)vs浜田(島根)

 下関国際は中4日で試合を迎えられ、日程的には最も恵まれた。大型左腕・古賀 康誠投手(3年)は140キロ前半の速球を投げ込み、遊撃手からリリーフを務める仲井 慎投手(3年)も140キロ中盤を連発する。頼みの2人の疲労を抜いて、さらに対策を行った上で臨めるのはかなり大きい。打線は初戦で猛打賞を記録している賀谷 勇斗内野手(3年)と、4打数4安打1四球を記録し、抜群のバットコントロールを見せている赤瀬 健心外野手(3年)が攻撃のキーマン。下関国際は万全のバックアップが有名。打球が飛べば、どの選手も縦横無尽に駆け巡るように徹底されている。じわじわと追い詰める攻撃をしていきたい。

 一方、浜田は総力戦で勝負。打率.500の好遊撃手・中野 拓実内野手(3年)を中心に連打で得点を重ね、好左腕・波田 瑛介投手(2年)、森井 空翔投手(3年)がどれだけしのいで、打撃戦に持ち込めるかが鍵になる。