目次

[1]大阪桐蔭の凄さは役割が明確であること
[2]大阪桐蔭の敗戦パターンから対抗できる8チームは?
[3]複数の好投手を擁する下関国際、愛工大名電、興南も怖い存在

大阪桐蔭の敗戦パターンから対抗できる8チームは?



古川翼(仙台育英)、武元一輝(智辯和歌山)、森下瑠大(京都国際)

 近年の大阪桐蔭の公式戦敗退を振り返る。

21年センバツ 智辯学園(奈良) 6対8
21年夏甲子園 近江(滋賀) 4対6
22年春近畿大会 智辯和歌山 2対3

 相手チームはいずれも継投策を行っている。さらに最後に投げた投手が、速球を武器としたクローザー役を務めている点が挙げられる。

 センバツの智辯学園戦では大阪桐蔭が追い上げムードの中、小畠 一心投手(現立教大)が抑え、近江岩佐 直哉投手(現龍谷大)、智辯和歌山も速球派右腕の武元 一輝投手(3年)が抑えている。

 大阪桐蔭を倒すには僅差に持ち込めるほどの複数投手陣を擁し、後半にセットアッパー系の速球投手がいるチームが、戦える条件になると考える。

 その条件に当てはめてみると、以下の7校が有力になると考える。

智辯和歌山(和歌山)
京都国際(京都)
仙台育英(宮城)
下関国際(山口)
星稜(石川)
興南(沖縄)
愛工大名電(愛知)

智辯和歌山

 144キロ右腕の塩路柊希投手(3年)と、149キロ右腕・武元 一輝投手(3年)のほか、長身右腕の西野 宙投手(3年)、145キロ右腕の清水 風太投手(2年)を擁し、ハイレベルな布陣となっている。速球投手揃いの布陣だけに、どうバリエーションをもたせるかが課題となりそうだ。打線も強力で、速球投手への対応力も高く、戦力は全国トップクラスだ。

京都国際

 エースで主砲の森下 瑠大投手(3年)の復活が大きい。切れ味鋭い速球とスライダーのコンビネーションで打者を圧倒する投球は見応えがあり、打者としてもレベルの高い投手から打てる能力がある。また平野 順大投手(3年)も、伸びのある140キロ前半の速球には見応えがあり、球質の良さについては森下投手以上のものがある。春から伸びてきた森田 大翔投手(3年)をはじめ、攻守の要である辻井 心捕手(3年)も攻守で安定感があり、春先に比べるとチームも安定感がでてきて、力強い戦いもできている。

仙台育英

 投手陣の層の厚さという点では、大阪桐蔭に匹敵するものがあり、6月に取材した時は140キロ以上投げる投手が14人いるなど、スケールの大きい投手陣を形成できている。

 実績抜群の左腕・古川 翼投手(3年)を筆頭に大会前までにどの投手がベンチ入りするのか興味深い。また打線もスイングスピードが速い打者が多く、好投手からも打ち返せるほどの打力がある。