目次

[1]春4強入りの東邦、愛工大名電、星城、豊川
[2]好投手揃いの享栄も優勝候補
[3]西尾東・中京大中京が激戦ブロックか

西尾東・中京大中京が激戦ブロックか



大江 嶺(中京大中京)

 西尾東は、最も厳しいゾーンに入った。最大の敵、ノーシードの中京大中京もこのブロックに入っている。西尾東がシードで迎える3回戦の相手は大型遊撃手として、全国的にも注目されているイヒネ・イツア内野手(3年)のいる中部大一の勝者だ。が来れば、イヒネとパウエル 海投手(3年)との対決も見どころとなりそうだ。さらに、この勝者が中京大中京と当る可能性は高い。

 中京大中京の主砲大江 嶺外野手(3年)のパンチのある打撃は今、中日で売り出し中の先輩・鵜飼 航丞外野手(中京大中京出身)の高校時代にもひけを取らない力がある。その反対ゾーンには、昨夏の4強大府岡崎北との初戦を突破すれば上がってきそうだ。大府は、野田雄仁前監督の刈谷工科への異動に伴い、東浦で実績を挙げていた中嶋勇喜監督が4月から異動してきて就任。その大府の戦い方にも注目したい。いずれにしても、このブロックは最大の混戦ブロックである。

 また、1、2回戦の好カードとしては、平成最初の甲子園出場校となったと、その年の春季大会優勝校の中部大一が初戦で当たる試合が、注目される。この勝者がシードの西尾東に挑むのも楽しみだ。さらには、東西三河地区の私学有力校対決となった「豊橋中央豊田大谷」も注目の試合だ。

 さらには公立の好チーム同士の対決となった「成章名古屋市工」に名古屋地区の中堅私学対決と言っていい「栄徳名城大附」なども好カードと言っていいであろう。

 そして、全三河大会と全尾張大会の4強同士の対戦となった「岡崎工科誠信」も興味深い。他にも、「大府岡崎北」、「愛知産大三河知多翔洋」、「国府ー日本福祉大附」、「岡崎城西豊田西」なども好試合が期待できそうだ。

(文=手束 仁