目次

[1]春4強入りの東邦、愛工大名電、星城、豊川
[2]好投手揃いの享栄も優勝候補
[3]西尾東・中京大中京が激戦ブロックか

好投手揃いの享栄も優勝候補



東松 快征(享栄)

 春季大会ではベスト8進出を決めた以降、コロナ禍で準々決勝の東邦戦を辞退となってしまった享栄。その後、チームも練習を再開して、強豪との練習試合を積んで着実に力を戻してきている。ことに、2年生左腕・東松 快征投手の成長が著しく、秋のエースだった藤本 逸希投手(3年)も復活してきて、東邦愛工大名電と並んで優勝候補の3強の一角となりそうだ。中京大中京から移籍して4年目の大藤敏行監督は、昨秋も県大会を制しており、「そろそろ、重く閉ざされた扉をこじ開けないといかん」と、このチームに手ごたえを感じている。関 颯太捕手のリードも見どころである。その享栄に立ちふさがるのは、系列校の栄徳が一番手。ただ、初戦の名城大附、次に当たりそうな科技高豊田大成、さらには公立の実力校刈谷など、難敵が多そうだ。

 愛知啓成は初戦の成章名古屋市工の勝者との対戦をどう乗り越えるか。その次には、安田 拓真投手(3年)が安定し、木戸 脇光外野手(3年)、森 田蒼良内野手(3年)らが軸の打線も鋭い時習館や、このところ充実の西尾など、東西三河の公立進学校が待ち受けていそうだ。ここを乗り越えたら5回戦は昨夏に初のベスト8に進出した日本福祉大附か国府、もしくは菊華あたりと8強を争うことになりそうだ。日本福祉大附は3年ぶりに関東遠征も実施して強豪校と対戦し、チーム力を上げてきている。

 公立校では愛知商西尾東がシード権を得た。愛知商は、今春の名古屋地区2次トーナメントで中京大中京相手に好投して自信を得た岡田 雅樹投手(3年)が、県大会では栄徳桜丘といった私学勢を下してさらに自信を深めた。一つ勝つと、4回戦では愛知愛知産大工と当りそうだが、ここが最初の壁となりそう。さらには、次のゾーンには昨秋に東邦を下して4強に進出した中部大春日丘もしくは豊橋中央豊田大谷あたりの私学中堅校がいる。この春から躍進を示している豊橋西も春季東三河予選で豊川を倒すなどして、自信を得ている。夏目 冴亮投手(3年)も安定しているだけに、夏に大躍進の可能性もありそうだ。混戦のブロックとも言えよう。