目次

[1]春4強入りの東邦、愛工大名電、星城、豊川
[2]好投手揃いの享栄も優勝候補
[3]西尾東・中京大中京が激戦ブロックか

トーナメント表
愛知大会の組み合わせ

 選手の質も高く私学4強を軸にレベルも高いと言われる愛知県だが、昨秋、今春と東海地区大会ではもう一つ結果を残せなかった。それでも、上位校の実力は全国レベルで、それを追うチームも実力では遜色ない。私学4強の今年の構図は、東邦を筆頭に愛工大名電享栄の順で、追ってこの春はベスト8目前で豊川に敗れた中京大中京となっている。勢力的には、春にベスト4に進出した星城豊川、昨秋準優勝の至学館中部大春日丘が続くという感じだ。

 愛知大会は、春季大会の成績からシード8校が振り分けられて、ベスト8決めの5回戦までの組み合わせが決まり、そこから再抽選となる。その前半の戦いを、春季大会の成績からシード校別に展望していこう。

春4強入りの東邦、愛工大名電、星城、豊川


 優勝した東邦は4回戦で愛知産大三河と当りそうだが、ここが最初のヤマか。東邦三浦 心空投手(3年)、2年生の宮國 凌空投手と投手陣が安定している。リードする落合 智哉捕手(3年)も経験値が高い。5回戦には桜丘が来そうだが名古屋国際刈谷工科などもいる。

 準優勝の愛工大名電も比較的スムーズにベスト8まで進みそうだ。有馬 伽久投手(3年)と成長著しい栢工 力輔投手(3年)の2枚看板だが、元中日のセーブ王を父に持つ岩瀬 法樹投手(3年)もいる。このブロックでは、清林館岡崎城西、夏に強い豊田西あたりが抵抗を示すことができるかどうか、というところだ。

 昨秋に続いて4強に残った星城は、初戦を突破すれば昨秋の準優勝校至学館と、昨秋の準決勝の再現となりそうだ。その時は、至学館が9回に逆転サヨナラ勝ちをしているだけに、星城としてはリベンジを果たしたいところでもあろう。星城は田島 善信投手(3年)を擁するが、溝崎 悠貴外野手(3年)を軸とする強力打線は県内トップレベルで、田中 大裕内野手(3年)と中川 大雅内野手(3年)の三遊間が形成する1、2番もしぶとい。至学館は、例によって多くの選手が総力戦で挑んでくる戦いとなる。麻王義之監督の采配も見どころだ。この勝者が、そのままベスト8に進出しそうだ。

 久々に春の4強となった豊川は、初戦を突破すれば、岡崎工科誠信の勝者か愛知黎明あたりとぶつかりそうだ。ここをクリアしたら、5回戦では、4番澤井 楽外野手(3年)の打撃が光る大同大大同日進西あたりとの激突になるか。豊川では白須 輝一投手(3年)が注目を集める。