目次

[1]関東一の足VS日大豊山・狩野の肩
[2]修徳・都立雪谷 昨夏に続き再度激突か!?
[3]帝京に挑む実践学園・大森学園
[4]日体大荏原は初戦で東亜学園と激突!?

修徳・都立雪谷 昨夏に続き再度激突か!?



都立雪谷・渡邊顕人

 秋春の都大会準優勝の二松学舎大附は、比較的恵まれたブロックに入った。4回戦では伝統校の城西大城西、5回戦で対戦するブロックには、打線に力がある上野学園、昨夏の経験者が多く残る錦城学園、伝統校の日大一などが控えるが、二松学舎大附が優位であることは確かだ。

 ただし、準々決勝で対戦するブロックは激戦区になっている。このブロックは修徳がシードされているが、初戦となる3回戦で都立雪谷との対戦が予想される。

 修徳は昨夏も都立雪谷と初戦で対戦。修徳が勝ったものの、都立雪谷渡邊 顕人の好投もあり苦戦を強いられた。この夏も渡邊は健在。2年生の御園 拓摩も将来性がある。修徳佐藤 大空の打棒に、長身の篠崎 国忠、横手投げの竹澤 尚輝という好投手おり、この夏も好ゲームが期待される。

 このブロックには岩倉都立文京という好カードもある。両チームとも打線に力ある。中日にドラフト1位で指名されたブライト健太の母校・都立葛飾野の戦いも注目だ。