目次

[1]関東一の足VS日大豊山・狩野の肩
[2]修徳・都立雪谷 昨夏に続き再度激突か!?
[3]帝京に挑む実践学園・大森学園
[4]日体大荏原は初戦で東亜学園と激突!?

トーナメント表
東東京大会の組み合わせ

 6月18日、東西東京大会の組み合わせが決まった。東東京大会は関東一二松学舎大附帝京、西東京大会は日大三國學院久我山東海大菅生がそれぞれ抜けた存在になっているが、序盤から好カードがあり、波乱の要素も十分にある組み合わせになった。

関東一の足VS日大豊山・狩野の肩


 優勝候補の筆頭は、春季都大会優勝で関東大会準優勝の関東一だ。関東一は順当なら4回戦で日大豊山と対戦する。第97回大会の決勝戦のカードでもある。

 日大豊山は強肩捕手の狩野 光晴がチームを引っ張る。関東一井坪 陽生柳瀬 冬和ら俊足揃いだけに、関東一の足と狩野の肩の対決が注目だ。

 関東一は5回戦で共栄学園足立学園の勝者との対戦が有力だが、この試合も好カードだ。

 またこのブロックには、都立小松川都立新宿という都立の進学校の対戦もある。都立小松川は3年前の夏のシード校。都立新宿は今年の春季都大会で東海大高輪台を逆転で破っており、熱い戦いが期待される。

 関東一と準々決勝で対戦するブロックは、都立城東がシードされた。この両校は秋季都大会の3回戦で対戦し、8-7で関東一が勝ったものの、大接戦を繰り広げた。しかし、両校が再度戦うには、越えるべき壁がある。

 都立城東が4回戦に進んだ場合、対戦が予想されるのが明大中野だ。明大中野は大型投手の中村 海斗、左腕の松田宗大ら力のある2年生投手がいるうえ、阿保快斗、加藤 健太郎らの中心打線はパワーアップ。ノーシード校ではトップクラスの力があり、都立城東としても厳しい戦いが予想される。