日本高野連はセンバツ決勝戦後、今年9月のU-18ワールドカップの高校日本代表1次候補メンバー29人を発表した。

 最終的には、春夏の甲子園に出場していない選手も選考対象とし、代表20人が夏の甲子園後に決まる予定だ。今回は1次候補に選ばれた10投手を徹底分析し、さらに未出場組の投手も紹介する。

U-18代表1次候補投手10人を徹底分析!


 榎谷 礼央投手(3年=山梨学院)は昨秋の関東大会、センバツ大会でも好投を見せた本格派右腕。140キロ前半の速球とカットボールを武器に、ゲームメイクができる。センバツでは思うように球速が伸びていないのが気になったが、投球の基礎ができていけば、楽しみな存在だろう。

 安定感抜群の宮城 誇南投手 (3年=浦和学院)も1次候補に名を連ねている。センバツでは3試合、23.1回を投げ、わずか3失点。甲子園の舞台では直球が本調子ではなかったようだが、それでもアウトローに直球とスライダーを厳しく投げ込んだ。メンタル面、技術面ともに優れ、どの代表監督でも日本代表として選びたいと思わせる。

 越井 颯一郎 投手(3年=木更津総合)はセンバツでも快投を見せた速球派右腕。140キロ前半の速球は伸びがあり、この直球を内外角へ投げ分ける制球力の高さもある。このままいけば、夏には140キロ台中盤から後半も期待できる。

 山田 陽翔 投手(3年=近江)はセンバツで大きく成長した姿を見せた。省エネ投球として130キロ後半〜140キロ前半の速球を内外角に投げ込み、リミッターを外した時の145キロ前後の速球の威力も抜群だった。スライダー、フォーク、ツーシームといった各種の変化球の精度の高さも光った。また打撃も非凡なものがあり、センバツでは持ち味を発揮できなかったが、これからは投打ともあふれるセンスの高さを発揮していきたい。

 米田 天翼 投手(3年=市立和歌山)は2年生まで140キロ後半の速球で押すスタイルだったが、センバツでは140キロ中盤の速球にスライダー、ツーシーム、カーブを駆使する総合力の高い投手へ成長していた。花巻東(岩手)戦では直球主体、明秀日立(茨城)戦ではカーブ主体と、相手打線に応じて配球を組み立てるセンスの高さも光った。更に平均球速が高まれば、評価が上がりそうだ。