目次

[1]二松学舎大附のブロックに実力校が揃う
[2]夏の大会にも影響する帝京・創価の一戦
[3]西の両雄・日大三と東海大菅生 準々決勝で再度激突か?

西の両雄・日大三と東海大菅生 準々決勝で再度激突か?



小池 祐吏(東海大菅生)

 仮に上位にシードされた学校が順調に勝ち上がれば、準々決勝は國學院久我山帝京修徳関東一日大三東海大菅生都立狛江二松学舎大附というカードになる。これは秋の準々決勝と同じ組み合わせだ。シード校もランクごとに抽選に加わっているが、どういうわけか同じ配置になった。もちろん、準々決勝が秋と同じカードになるとは限らない。そうした中で、再戦する可能性が最も高いのは、日大三東海大菅生の一戦だ。

 秋は日大三がサヨナラ勝ちしたが、今大会は、両校とも優勝候補。東海大菅生はエースの鈴木 泰成がどこまで投げるか不明だが、大型右腕の日當直喜らも成長。打線は福原聖矢、小池 祐吏らタレント揃い。日大三は、秋は準決勝で國學院久我山に屈辱の5回コールド負けを喫したが、例年ひと冬越えるとたくましくなる。注目の捕手・川崎 広翔のほか、富塚 隼介浅倉 大聖らが並ぶ打線は迫力がある。

 今大会は、夏のシードがかかった3回戦から中1日で4回戦になる。各校とも、エースの負担を減らし、夏に向けての新戦力を発掘する意味からも、4回戦は総力戦で臨むはずだ。

 優勝候補は秋4強の國學院久我山二松学舎大附、関東一、日大三に東海大菅生帝京八王子といったところか。秋の成績を基にしたランクでは、1回戦免除のシード校、1次予選免除の秋季都大会出場校、1次予選から参加のチームとなる。しかしこの冬もコロナの影響で、練習や練習試合を思うようにできなかったチームが多い。その点では、1次予選から公式戦を経験しているチームが有利な面もある。それがこの大会の波乱要因になっており、1回戦から目が離せない戦いが続きそうだ。

 新3年生は入学した時からコロナの影響で、高校野球の日常の姿を経験していない。コロナへはまだ警戒が必要であるが、この大会が、高校野球の日常を取り戻すさらなる1歩になってほしいものだ。

(文=大島 裕史)