目次

[1]二松学舎大附のブロックに実力校が揃う
[2]夏の大会にも影響する帝京・創価の一戦
[3]西の両雄・日大三と東海大菅生 準々決勝で再度激突か?

都大会のトーナメント表
國學院久我山、帝京などが属するブロック
修徳、関東一などが属するブロック
日大三、東海大菅生などが属するブロック
都立狛江、二松学舎大附などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 4月1日から春季都大会が開催される。秋季都大会に出場した64校に、3年ぶりに行われた1次予選を勝ち抜いた48チームが、春の東京王者を決める戦いを繰り広げる。またベスト16に入れば、夏の大会でシードされる。優勝争いと夏の大会のシード校の行方を展望する。

二松学舎大附のブロックに実力校が揃う


 秋季都大会のベスト16の学校はシードされ、1回戦は免除される。シード校を含めた7チームが1ブロックを形成し、勝ち抜いた16チームが夏の大会のシード校になる。その中で最も厳しい戦いになりそうなのが、二松学舎大附がシードされているブロックだ。

 このブロックでは二松学舎大附のほかにも、東亜学園都立雪谷日大豊山の4校が、甲子園出場経験がある。共栄学園実践学園もシード校の常連だ。1次予選から勝ち上がってきた都立雪谷には渡邊顯人、御園拓夢という好投手がおり、日大豊山には東京を代表する好捕手の狩野 光晴がいるだけに、東亜学園都立雪谷日大豊山共栄学園の対戦は、1回戦屈指の好カードだ。もちろん実力は、秋の準優勝校でセンバツにも出場した二松学舎大附がリードしているが、センバツ出場校は春季大会で苦戦することが多いだけに、油断はできない。

 センバツで大躍進を遂げた國學院久我山は、今大会も優勝候補で、実力的には準々決勝までは無難に勝ち上がりそうだ。しかし準々決勝までは、5日から10日までの6日間で3試合を戦わなければならず、センバツの激戦を終えたばかりのチームには、かなりの負担になる。対戦相手よりも、気持ちの切り替えや、コンディションの調整が重要になる。

 秋4強の関東一日大三も、シード校となる3回戦までは、特に問題ないだろう。関東一がシードされているブロックでは、1回戦で日大桜丘都立東大和が対戦する。日大桜丘は50年前のセンバツの優勝校で、都立東大和は44年前の春季都大会で準優勝し、元祖都立の星になった学校であり、東京の高校野球の歴史を感じさせるカードだ。

 堀越がシードされたブロックにも甲子園経験校が集まった。堀越のほか岩倉国士舘都立国立といった伝統校が揃う。1次予選から勝ち上がった岩倉も中心打線に力があるが、小田川雅彦監督率いる堀越と、永田昌弘監督率いる国士舘という、ベテラン監督が率いる両校の争いか。国士舘は、秋は不振であった投手陣がどこまで立ち直ったかが、鍵となる。

 秋不振と言えば、秋は本来の投球ができなかった星野 翔太を擁する八王子の戦いも注目される。八王子はセンバツ前の練習試合で浦和学院に連勝している。八王子では、星野以外にも、片山 悠真、佐野シモンといった大型投手の仕上がりも気になるところだ。初戦は台湾からの留学生・姚 柏宇投手を擁する郁文館の対戦が有力。粕谷祐天、宮路空夢という速球投手を擁する東海大高輪台なども同ブロックにいるが、本来の力を発揮すれば、力は八王子が抜き出ている。4回戦で予想される関東一との対戦は好カードだ。