目次

[1]第1・2ブロック
[2]第3・4ブロック
[3]第5・6ブロック
[4]第7・8ブロック


第94回選抜大会のトーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 第94回選抜高等学校野球大会(阪神甲子園球場)が1日順延となり、19日から開幕予定となった。今回はベスト8予想を紹介したい。

第1ブロック



登場校:浦和学院(埼玉)、大分舞鶴和歌山東倉敷工(岡山)

本命:浦和学院
対抗:和歌山東

 投手力、守備力が高く、ミート力も高い浦和学院が1歩有利。勝ち進んでも、複数投手陣を擁するだけに、全国制覇も狙える。昨年のセンバツは東海大相模(神奈川)、明豊(大分)といった、ゲームメイクできる好投手を複数揃え、ディフェンス力が高いチームが勝ち上がった。浦和学院が勝ち進めるだけの条件は揃っている。公式戦で実力を発揮できるかは別物。開幕戦の緊張を乗り越えることができるか。

 和歌山東も、強豪を多く下し、昨秋の近畿大会決勝まで勝ち進んだ試合運びの上手さ、機動力野球には怖いものがある。

第2ブロック



登場校:クラーク記念国際(北海道)、九州国際大付(福岡)、広陵(広島)、敦賀気比(福井)

本命:広陵
対抗:九州国際大付

 このブロックはいずれも秋季各地区大会の優勝校が登場し、明治神宮大会にも出場。どこが勝ち上がってもおかしくない。

 投手力、守備力、打撃力と総合的にハイレベルな広陵が1歩リードしている。対抗となるのは九州国際大付。圧倒的な長打力で一気に試合の主導権を握りそうだ。敦賀気比は打撃とエースの上加世田 頼希投手(3年)の投球次第。クラーク記念国際は投手陣の出来がカギになる。