目次

[1]北海道・東北地区
[2]関東地区
[3]東京・東海地区


第94回選抜大会のトーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

大会特集
第94回センバツ大会概要
第94回センバツ出場校一覧
BIG4特集
第94回センバツ注目選手【投手】
第94回センバツ注目選手【野手】
インタビュー記事一覧
コラム記事一覧
2021年秋の大会 上位進出校一覧
出場校に在籍する日本代表経験者

 3月18日、第94回選抜高等学校野球大会が開幕する。

 センバツを楽しく見られるよう、注目選手を東日本5地区(北海道、東北、関東、東京、東海)、西日本5地区(北信越、近畿、中国、四国、九州)に分けて紹介したい。今回は東日本地区。

北海道


 クラーク記念国際エースの山中 麟翔投手(3年)は、130キロ後半の速球に、鋭く曲がるカーブを武器にする好左腕だ。解禁明けの練習試合でも好投を見せており、初戦の九州国際大付(福岡)では好投が期待される。そして148キロ右腕の辻田 旭輝投手(3年)も、大同大大同(愛知)との練習試合で、6者連続奪三振をマークするなど、仕上がりは順調だ。野手では新岡 歩輝内野手(2年)にも注目だ。遊撃手としては軽快な守備を見せ、パンチ力ある打撃や、投手もこなせる野球センスの高さがある。

 また4番打者の藤野 侑真内野手(3年)も右の強打者として高い評価を受けている。

東北

 花巻東(岩手)は野手のタレントが多く集まる。注目は昨秋まで高校通算50本塁打を放った佐々木 麟太郎内野手(2年)。冬場は手術もあり、大会まで間に合うか不安視されていたが、順調に本塁打を重ねている。また田代 旭捕手(3年)も大会屈指の強打の捕手として注目されている。本塁打も打てる強打堅守の遊撃手・宮澤 圭汰内野手(3年)も注目だ。

 聖光学院(福島)はエース佐山 未來投手(3年)はストライク先行ができる右の好投手として期待がかかる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。