目次

[1]桜美林と都立の強豪・昭和が同ブロック
[2]淑徳の左腕、逸材揃う明大中野にも注目

都大会のトーナメント表
國學院久我山、帝京などが属するブロック
修徳、関東一などが属するブロック
日大三、東海大菅生などが属するブロック
都立狛江、二松学舎大附などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

一次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック


 春季都大会の1次予選が3年ぶりに行われることになり、5日、組み合わせが決まった。まだ東京都の1日の感染者数が1万人前後でコロナ禍の緊張は続いており、1次予選は無観客試合で行われる。それでも2年前は完全に中止で、昨年は1次予選が中止になったことを考えると、コロナ前の状況に戻る第1歩を踏み出した。

桜美林と都立の強豪・昭和が同ブロック


 1次予選の参加チームは174(194校)。秋季都大会出場の64校は、1次予選は免除される。それでも、いくつか強豪や実力校、実績のある学校が対戦するブロックがある。

 最も注目されるのは桜美林都立昭和が入った第10ブロックBだ。桜美林は秋の1次予選初戦の目黒日大戦でサヨナラ負けを喫した。都立昭和は1次予選の代表決定戦で日大鶴ヶ丘に2対3の接戦で敗れている。ともに、接戦を勝ち切れなかっただけに、春季大会への思いも強いはずだ。

 城西大城西東海大高輪台の入った第21ブロックAも激戦が予想される。城西大城西の陸野 翼内野手(3年)は、昨夏1番打者として攻守に活躍した。東海大高輪台には粕谷 祐天投手(3年)、宮路 空夢投手(3年)という速球投手がおり、投打の対決が注目だ。東京都市大等々力も近年力をつけている。

 都立の最速143キロを誇る速球投手・渡邊 顕人(3年)を擁する都立雪谷は、初戦で立教池袋と対戦する。立教池袋は昨夏東東京8強の淑徳を破っている。この勝者が対戦する都立葛飾野も都立の実力校で、それぞれ力のある学校が揃った。