2022年シーズン、九州の高校野球界の激戦区でもあり、逸材が多い福岡の春季大会が始まろうとしている。昨年秋からスタートした新チーム。一冬を越えて、夏に向かう前に、これから実力が試される時期に入る。注目選手がどこまで成長しているか、春から一気に注目を浴びるかもしれない選手など、春季大会は見どころも多い。センバツに出場する九州国際大付以外のチームにいる逸材たちを整理しておきたい。

飯塚白浜 快起投手(2年=右右)
 前チームからエースとしてチームの中心を担ってきた。191センチの長身を生かした角度のある直球が大きな武器。最速は145キロで将来性を感じさせる右腕だ。打線でも4番に座り、勝負強い打撃と長打力も兼ね備えている。昨年秋は4強まで進んだが、九州国際大付と対戦する前に準決勝で敗れた。チームの悔しさを背負って投げる白濱の投球に注目だ。

福岡大大濠馬場 拓海投手(2年=右右)
 昨年のセンバツを経験した。1年生だった20年秋、九州大会の準決勝の宮崎商戦で8回1死まで無安打投球を続ける好投で1安打完封劇を見せたことがある。センバツでは2回戦でリリーフとして登板。延長戦に突入した10回途中から登板して無失点に乗り切ってチームに勝利をもたらした。ややトルネード気味のフォームから、力のある重い球質の直球を投げ込む。故障で昨年秋は投げられなかった分、この春にぶつける。

小倉吉川 雅崇投手(2年=右左)
 公立進学校に現われた「二刀流」を目指す逸材。投げては最速145キロの本格派右腕で、打っても長打力を兼ね備えた中心打者でもある。昨年夏は背番号1をつけて初戦で2ランを放つ活躍をみせた。昨年秋は5回戦で敗退。最後の夏に向けての「テスト」の意味もある春の大会。投打にわたってどこまで実力をつけているか試される。

福岡工大城東内田 海翔投手(2年=右右)
 九州古賀ボーイズ時代から評判が高かった右腕。高校1年で140キロに迫るストレートを投げこんでいた。課題の変化球を克服して、今年の春に臨む。昨年秋は5回戦で福岡大大濠に延長戦の末に敗れた。春こそリベンジしたい。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。