2022年の第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)に出場する32校が決まった。主に昨年秋の大会を参考資料にして選出されたが、特に高レベルの戦いが繰り広げられる昨年秋の地区大会に絞ってのデータをもとに、ランキング形式で出場校を紹介したい。(21世紀枠出場チームはのぞく)

 今回は打撃編。チーム別の打撃部門のベスト3は次の通り。

☆打率 
山梨学院   .416(4試合)
敦賀気比   .403(4試合)
九州国際大付 .391(4試合)

☆本塁打
九州国際大付 6(4試合)
山梨学院   4(4試合)
明秀日立 4(3試合)

☆1試合平均打点
九州国際大付 10.50
山梨学院   8.75
敦賀気比   7.75

☆盗塁
國學院久我山 15(6試合)
二松学舎大附 12(6試合)
和歌山東   9(4試合)

 九州Vの九州国際大付(福岡)、関東準Vの山梨学院(山梨)、北信越Vの敦賀気比(福井)の3校が上位。特に九州国際大付は4試合43得点で1試合平均得点でも10.75で1位に輝いた。盗塁では試合数が多かった東京勢が上位にいるが、和歌山東(和歌山)の4試合9盗塁は光っている。地区大会では足技を生かした攻撃も武器にしている。