目次

[1]【1年生BIG4】
[2]【好投手たち】
[3]【好打者たち】

 第94回選抜高等学校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)の出場32校が決定した。注目選手が多い今センバツだが、今回は大会を盛り上げるであろう注目選手20人を紹介したい。こちらは多くの学校の選手を紹介したいため、1校最大2人までとして、選手を紹介する。


【1年生BIG4】


佐々木 麟太郎内野手(花巻東)=高校通算50本塁打をマークしている世代屈指のスラッガー。昨年秋の明治神宮大会では、2本塁打を記録し、観客を沸かせた。広陵(広島)戦ではこれまであまり打てていなかったインハイの速球を捉え、本塁打を打ち込んだ時、ワンランク上の打者に到達した感がある。

真鍋 慧内野手(広陵)=体格は佐々木 麟太郎内野手とひけをとらないものがあり、昨年秋の明治神宮大会では特大本塁打も放った。打撃技術も非常に高く、さらに名門・広陵ということもあって、守備はかなり鍛えられている。

佐倉 侠史朗内野手(九州国際大付)=183センチ106キロと恵まれた体格をした大型スラッガー。昨年秋の九州大会では満塁本塁打を放ち、そして明治神宮大会では、大阪桐蔭前田 悠伍投手(1年)から本塁打を放った。

前田 悠伍投手(大阪桐蔭)=湖北ボーイズから評判だった。高校野球関係者によると、20年の中学生ではNo.1投手の評価。高校入学後も順調に成長し、昨年秋の大阪大会、近畿大会、明治神宮大会では重要な場面で登板しつづけてきた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。