コロナ禍で様々な制約を受け、東京五輪が開催された2021年は、特別な年であることは間違いない。そうした中でも東京の高校野球は、春、夏、秋の大会で優勝チームを決めて、無事終わった。

 春の4強は関東一日大三東海大菅生二松学舎大附で昨年の秋と変わらず、夏の東西東京大会の決勝進出校は、二松学舎大附関東一東海大菅生國學院久我山で、秋の4強は國學院久我山二松学舎大附日大三関東一となっている。

 昨年の秋から東京の上位4校に入るのは、東東京は二松学舎大附関東一だけで、西東京は東海大菅生日大三國學院久我山の3校が、2回ずつ顔を出している。昨年から秋もシード校制が導入されたことが要因の一つであるものの、選手層の厚い学校が、夏から秋に代が変わっても、強さを発揮した。

 その一方で、これまで上位の常連だった国士舘早稲田実業は、今年は8強に進出することが1度もなかった。国士舘は投手陣の整備に苦しみ、早稲田実業は新チームの主将である壽田 悠毅内野手(2年)が夏場に負傷して本来の活躍ができないなど、チームとしての力強さに欠けた。

 帝京は、昨年秋は2回戦で都立小山台にコールド負けしたのに続き、この春も初戦敗退と不振が目立ったが、夏は4強と盛り返した。しかしベテラン・前田三夫監督が、この夏を最後に勇退したのは驚きだった。

 春季大会のベスト16は、東東京が5校、西東京が11校であったため、夏の大会のシード校は、東東京が5校、西東京の11校になった。そのため東東京では、ノーシード校にチャンスが広まった半面、西東京はシード校の存在感が薄かった。そうした中、目黒日大との接戦を制し、日大一にも勝って東東京の8強に進出した、ノーシードながら、西東京の4強に進出した世田谷学園、夏は八王子を破り西東京の8強、秋季都大会でも8強に進出した都立狛江、夏の西東京の5回戦で、シード校の明大中野八王子を延長に及ぶ接戦で苦しめた都立小平南などの健闘が光った。