11月22日、明治神宮大会3日目。関東五連盟第一代表・中央学院大が登場する。そんな中央学院大が誇る好投手を紹介したい。

関連記事はこちらから!
通算47本塁打のスラッガー、九州、広島の怪童、大阪桐蔭史上最高左腕など神宮をわかせる4人の1年生たち
西日本に超高校級捕手が2名。スラッガー揃いの明秀日立など神宮をわかせる逸材野手たち
大阪桐蔭2年生トリオ、クラークの2枚看板など明治神宮大会でブレイクを狙う好投手たち

中央学院大が誇る好投手


【中央学院大】
古田島 成龍(4年・取手松陽
古田島投手は近年のエース格として活躍を見せた速球派右腕だ。恵まれた体格から投げ込む140キロ前半の速球、落差鋭い変化球でねじ伏せる投球を得意としている。

山崎凪投手(4年・千葉英和
2枚看板として注目された本格派右腕だ。角度よく振り下ろすフォームから繰り出す140キロ中盤の速球、切れ味鋭いスライダーを武器に横浜市長杯ではリリーフエースとして活躍。今大会も苦しい場面での投球が期待できそうだ。

清水 一眞(1年・共栄学園
共栄学園時代から威力ある直球を投げ込んでいたが、中央学院大に進んでコンスタントに140キロ前半の速球を投げ込むまでに成長した。

(記事:河嶋 宗一