10月2日から来春のセンバツ出場を目指し、1次予選を勝ち抜いた64校により、秋季都大会が開催される。本大会では、夏の東西東京大会のベスト8以上のチームはシードされるが、西東京大会4強の世田谷学園、東東京大会8強の淑徳は1次予選で敗退したため、13校がシードされた。それでも1、2回戦から好カード続出で、大会序盤から激しい戦いが予想される。9月27日に決まった組み合わせから、大会を展望する。

新生・帝京は3回戦で都立小山台と対戦か?


 今大会の注目点の一つが、50年にわたりチームを指導してきた前田三夫監督が勇退し、新時代を迎える帝京の戦いぶりだ。夏は1年生ながら中心投手として活躍した高橋 蒼人をはじめ、川本 虎太朗、小島慎也やら夏のメンバーも残っているだけに、優勝候補に挙げられる。

 帝京は1回戦で近年力をつけている目黒日大と対戦する。目黒日大は1次予選で桜美林を破っており、油断できない。

 勝てば、都立片倉駒場学園の勝者と対戦する。片倉は1次予選で東京実を8回コールドで下した都立の実力校。駒場学園は1次予選で目白研心との延長15回、タイブレークの激戦を制した勢いがある。

 帝京が3回戦に勝ち進めば、対戦が有力なのが都立小山台だ。小山台はエースの松川侑聖、4番の新井晟矢ら夏の経験者を中心に、1次予選では岩倉世田谷学園と強豪を相次いで下しただけに、力はかなりある。帝京は昨年の秋季都大会で小山台に0対10、屈辱の6回コールドで敗れただけに、負けられないところだ。また小山台としては、1回戦で対戦する立正大立正は、警戒すべきチームだ。

 このブロックの勝者が準々決勝で対戦するのは、夏の準優勝校である國學院久我山が有力だ。ただし、國學院久我山のブロックには強力な対抗馬は存在しないものの、それぞれ力を秘めており、混戦になる可能性もなくはない。

 國學院久我山上田 太陽下川邊 隼人ら夏の経験者を中心に、1次予選では都立日野をコールドで破るなど、力はある。ただ完成度はまだまだなので、そこが波乱要因になる。

 1回戦で対戦する日体大荏原は、本橋慶彦監督が復帰し、戦いぶりが注目される。共栄学園上野学園は、シード校争いに絡むことが多い実力校。工学院大附は、1次予選で日大二東海大高輪台を相次いで下した勢いは侮れない。専修大附は1次予選2試合を、5回コールドで勝って本大会に進出した。都立日野台の林慈央は、1年生の夏から主戦投手を務めている。都立小平南はこの夏、明大中野八王子を苦しめた。