今年も夏の甲子園ベスト8が以下のように出揃った。
京都国際(京都代表)
敦賀気比(福井代表)
智辯和歌山(和歌山代表)
石見智翠館(島根代表)
智辯学園(奈良代表)
明徳義塾(高知代表)
神戸国際大附(兵庫代表)
近江(滋賀代表)

 今回もセンバツで行ったあの企画を行いたい。開幕前には、「【夏の甲子園】ベスト8進出校は?戦力拮抗で大接戦の様相もズバリ大胆予想」というコラムを行った。

 このコラムでは、本命と対抗の学校を挙げさせていただいた。そこで、得点方式と従来の的中数の2項目で挙げていきたい。 得点方式は本命の学校は2点、対抗は1点。つまり満点は16点となる。的中数は本命の学校のみ適用。ここで予想を整理する。

 反省点が多い予想となってしまった。それでもなぜ見落としたのか、今後の甲子園を占う意味で、振り返っていきたい。

本命:二松学舎大附 対抗:前橋育英
結果:京都国際

 京都国際がベスト8に入った。まずこのブロック、二松学舎大附をベスト8予想に上げたのはエースの秋山 正雲。2回戦からの登場。さらに登板間隔もそれほどタイトなものではない。圧力のあるストレートとスライダー、チェンジアップを駆使した投球術を2試合続ければ、かなり高い確率でベスト8に行けるのでは?とそう思わせるほど突き抜けていた。

 実際に西日本短大附戦の投球は前評判にふさわしいものであり、3回戦の京都国際戦も悪い内容ではなかった。ただ、甲子園初戦や東東京大会決勝と比べると高めのストレートがちょっと勢いがなかったかもしれない。それでも本塁打にした京都国際の打者の技術は素晴らしいものがあった。

 京都国際は守備も素晴らしく、相手投手が嫌がるにはどんな攻撃をすればいいか理解し、しっかりと実行をしている。甲子園の経験がしっかりと生かされたチームとして上げていた。

 21年でチームとしての格が大きく上がった1年になったのは間違いない。

本命:智辯和歌山 対抗:高松商
結果:智辯和歌山

 3回戦から登場となった智辯和歌山。打撃も予想以上についていくことができていて、守備もポジショニングなどを見ていても、非常に落ち着いている。1ヶ月近い空き時間があったとしても、選手が意識高く臨んでいたのが伺える。ベスト8候補筆頭に挙げたが、甲子園常連校らしい落ち着きのある試合運びだった。

 ただ3回戦を見るとエース・中西 聖輝を引っ張りすぎていたのが気になった。投手陣の運用が全国制覇のカギになりそうだ。

本命:敦賀気比 対抗:三重
結果:敦賀気比

 敦賀気比は2回戦、3回戦と好投手を攻略して勝ち上がった。本塁打はないが、シャープなスイングでソツのない試合運びで着々と勝ち上がる野球は全国常連校と思わせるものがある。ただ本田 克以外、計算できる投手がいないのが現状の課題。福井大会では結果は出しているだけに、準々決勝以降で活躍できるか注目したい。

本命:浦和学院 対抗:弘前学院聖愛
結果:石見智翠館

 石見智翠館はエースの山崎 琢磨の安定感は高く、鍛え抜かれた守備、走塁、打撃をしっかりと発揮している。どの学校が勝ち上がってもおかしくないほどだったが、最後は抜け目のない守備、走塁ができる石見智翠館が上回る形となった。