静岡・智辯学園ブロック



 新田は捕手も務めるエース・古和田 大耀が大黒柱。好投手擁する聖カタリナに圧倒しており、勢いに乗ったときは手がつけられない打線が持ち味だ。対する静岡はエース・髙須 大雅が静岡大会無失点の好投。投手力の高さ、試合運びの上手さは非凡なものがある。

 東明館は投打の柱・加藤 晴空を中心に守り勝つ野球。日本航空は4本塁打の和田 航弥を中心に強打者が多く、ヴァルデナ フェルガス、東谷 星哉小沢 耕介のリレーは確立している。

 智辯学園は、つなぎの野球に徹し、またタイムリー時も大きなガッツポーズを見せることなく、感情の起伏を小さくした。経験者が多く、試合運びの上手さが光る。対する倉敷商関西創志学園おかやま山陽といずれも投手力が高い私学を1点差で下している。今年、甲子園に出場した公立校の中では最も試合運びが上手い。

 広島新庄花田 侑樹秋山 恭平西井 拓大と3枚看板を擁し、打線もセンバツ時よりも破壊力が増し、準決勝では5点ビハインドの展開からひっくり返した試合運びが見事だった。対する横浜は7試合中、5試合がコールド勝ち。決勝も大差で勝利と、どの打者も右、左に打ち分ける打撃技術の高さ、守備、走塁とすべてにおいてハイレベル。接戦を経験していないのは不安点だが、その分、投手陣の消耗を避けることができた。

 本命は甲子園で本領発揮しそうな智辯学園が有利。そして横浜もベスト8に入っていてもおかしくない実力、完成度の高い野球を実践しているため、対抗に入れたい。

本命 智辯学園
対抗 横浜

愛工大名電、県立岐阜商ブロック



 高岡商石黒 和弥を中心に破壊力を秘めた強力打線が持ち味。そして対する松商学園は2年生左腕・栗原 英豊が140キロ台の速球を投げ込み、145キロ右腕・今井 英寿がリリーフとして逃げ切る。また下級生のときから注目された強打者・熊谷大生を中心とした打線も強力だ。

 初出場の東北学院は、187センチの大型右腕・伊東 大夢の投打がカギを握り、愛工大名電寺嶋 大希田村 俊介などタレントを多く揃える。

 明桜の最速157キロ右腕・風間 球打は変化球のコントロールが生命線。変化球でストライクが取れれば、自慢の剛速球も生きて、勝てる投球ができそうだ。チーム打率.425の帯広農は一瞬の甘い球を逃さず、果敢に大量点をとっていきたい。

 明徳義塾代木 大和の復調に期待。打線も好投手を攻略する実力をしっかりと持ち合わせており、侮れない。県立岐阜商はベンチ入りした投手がすべて140キロ以上という全国トップクラスの投手陣が魅力。打線も髙木 翔斗が長打を発揮し、また前後の打者が巧打を発揮し、着実に点を重ねるスタイルだ。

 ベスト8どころか全国制覇を狙える実力を持った実力校ばかり。本命は戦力が揃い、愛知大会から厳しい戦いを制してきた愛工大名電を本命とし、投手陣の層の厚さ、戦術多彩な県立岐阜商が対抗と見ている。

 ただ、この強敵ブロックでも圧倒する投球を明桜・風間が見せれば、一躍、今大会の顔に躍り出る可能性を持っている。実力ならば愛工大名電県立岐阜商明徳義塾。剛腕投手が強豪を次々と抑え、勝ち進むストーリーとロマンが見たい方は明桜になるのではないだろうか。

本命 愛工大名電
対抗 県立岐阜商
ロマン 明桜