第103回全国高等学校野球選手権の組み合わせが決まった。今回は大会を代表する7人の目玉投手を紹介したい。

大会展望
【前編】今年の甲子園で全国制覇を狙える10校は?優勝候補筆頭がいない理由と大会予想を徹底展望
【後編】今年の甲子園で全国制覇を狙える10校は?優勝候補筆頭がいない理由と大会予想を徹底展望



木村大成(北海)、風間球打(明桜)、松浦慶斗(大阪桐蔭)

 今大会注目投手となるのは風間 球打明桜)だろう。平均球速140キロ後半の速球の圧力は高校生離れしている。さらにスライダー、フォーク、カーブの精度も高く、速球一辺倒の攻めにならないのが強み。代表取材で輿石監督は「彼の持ち味はストレートですけど、変化球も素晴らしいものがありますので、注目を浴びる中のプレッシャーもありますけど、そういう中で力を発揮するタイプの子なので、期待しています」と変化球の精度の高さ、メンタルの強さを発揮している。

 初戦で対戦する帯広農は全国レベルの打線を誇る。配球を間違えれば5失点以上してしまうほど怖いチームだ。まず初回にどんな投球を見せるか注目したい。

 甲子園出場だけではなく、全国的に見てもナンバーワン左腕として評されているのが木村 大成北海)だ。最速150キロの速球、どの角度から見ても尋常ではない曲がりを見せるスライダーのコンビネーションがはまったときは簡単に打ち崩せないものがある。ただ、南北海道大会は連日の猛暑の影響で、球威が落ちてしまったところがあり、打ち込まれた。北海の平川監督も代表取材で「南北海道大会の疲れをとって、きっちりと投げさせたい。調整はこれからです」と応えるように疲労回復を優先させた。果たして前評判通りの実力を発揮できるか。

 そして松浦 慶斗大阪桐蔭)も復活を見せた。センバツでは初戦敗退。春の公式戦では登板せず、トレーニングを重ねてきた。4回戦の城東工科戦のリリーフ、5回戦の近大附戦の先発で好投を見せると、準決勝の関大北陽戦では7イニングを投げ、最速148キロ・140キロ以上が65球、145キロ以上が24球、平均球速142.49キロと圧巻の速球を投げ込んだ。決勝の興國戦では平均球速138キロ・最速143キロにとどまったが、スライダー、チェンジアップ、カーブを器用に投げ分ける投球が光った。

 松浦は「丁寧に投げられている時と、そうではない時があるので、甲子園まで修正したい」と課題を口にした。ネット裏から見ると、フルスロットルで投げる時は、明らかに速球を投げるという意思が見えていて、打者からは狙い球を絞りやすい。東海大菅生打線は本当にそれを逃さない打線なので、松浦の真価が試される良い相手だといえる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。