2年ぶりに甲子園を目指す高校球児の夏が帰ってくる。けれども、コロナ禍はまだまだ続く。さらに議論が渦巻いている東京五輪も開催される。神宮球場や五輪の練習会場になっている大田スタジアムの使用も、大幅に制限される、その一方で東西東京大会の準決勝と決勝戦は、史上初めて東京ドームで開催される。

 いままで経験したことのない、歴史に残る夏に東西東京大会を制するのはどこか。組み合わせから、東西東京大会を展望する。

2021年東京大会展望
優勝候補・関東一、二松学舎大附の対抗馬は?夏の東京を徹底展望!【東東京編】
東海大菅生と国士舘と同ブロックなど熾烈な対戦が続々!夏の東京を徹底展望!【西東京編】

ノーシードの早実、日大二、国士舘は序盤から強豪対決


 シード校が5校の東東京とは逆に西東京は11校がシードされたため、強豪校が比較的分散されたが、早稲田実業日大二国士舘などはノーシードであるため、序盤から好カードを作った。

 まず注目されるのが、早稲田実業。順当なら3回戦で佼成学園と対戦する。早稲田実業は注目の清宮 福太郎だけでなく、エースの田和 廉や遊撃手の壽田 悠毅らを擁し、ノーシードであっても優勝候補に挙げられる。佼成学園は故障に苦しんだ前野 唯斗投手が復帰し、野沢 京平とのバッテリーは安定感があるが、初戦で早稲田実業との対戦はかなり負担になる。

 日大二桜美林と3回戦での対戦が有力だ。桜美林が全国制覇した時の主将である片桐 幸宏監督と、日大二の田中 吉樹監督は、高校生の時に西東京大会の決勝戦で対戦している。昨夏、2年前の秋も両校は対戦し、いずれも日大二が勝っているが、両校の力の差はそれほどない。

 秋は2回戦、春は1回戦で敗れた国士舘は、清水 武蔵ら東京を代表する好打者がいる。投手を含めた守りがどこまで立て直せているかだが、3回戦で優勝候補の東海大菅生と対戦する。戦力充実の東海大菅生が優位であることは間違いないが、国士舘が2試合を戦ったうえでの対戦であることを考えると、東海大菅生としても油断はできない。

 ブロックごとにみると、第1シードの日大三は、準々決勝まではそれほど問題ないだろう。要注意なのは、秋は1次予選敗退ながらも、経験豊富な志田 一真を中心に得点力のある明星だ。日大三が準々決勝で戦うブロックも、シード校の創価が最有力。対抗馬は伝統校の法政か。

 準々決勝で日大三創価が対戦すれば、好ゲームが予想される。日大三は左腕の宇山 翼が安定。創価はエースの2年生・杉江 敏希が成長している。日大三の捕手・安田 和輝創価の捕手・小松 稜平、ともに俊足の日大三の中堅手・星 憂芽創価の中堅手・高沢 春佑といったセンターラインがともに安定している。

 この試合の勝者が準決勝で対戦するブロックには、國學院久我山佼成学園明大中野八王子の3校のシード校が入った。

 佼成学園早稲田実業の勝者が対戦するブロックには、元ヤクルトの芦沢 真矢監督が就任して近年力をつけている啓明学園がいる。

 そして5回戦での対戦が有力なのが國學院久我山だ。早稲田実業は春の1回戦で國學院久我山に敗れている。佼成学園國學院久我山は昨夏の独自大会で対戦。延長タイブレークの熱戦の末、佼成学園が勝っている。啓明学園は2年前の夏に佼成学園を破っている。どのような対戦になっても、様々な因縁のあるブロックだ。

 明大中野八王子は、日大二桜美林の勝者が対抗馬になる。日大二は春の2回戦で明大中野八王子に敗れている。このブロックは強豪校が揃う激戦区になった。