2年ぶりに甲子園を目指す高校球児の夏が帰ってくる。けれども、コロナ禍はまだまだ続く。さらに議論が渦巻いている東京五輪も開催される。神宮球場や五輪の練習会場になっている大田スタジアムの使用も、大幅に制限される、その一方で東西東京大会の準決勝と決勝戦は、史上初めて東京ドームで開催される。

 いままで経験したことのない、歴史に残る夏に東西東京大会を制するのはどこか。組み合わせから、東西東京大会を展望する。

2021年東京大会展望
優勝候補・関東一、二松学舎大附の対抗馬は?夏の東京を徹底展望!【東東京編】
東海大菅生と国士舘と同ブロックなど熾烈な対戦が続々!夏の東京を徹底展望!【西東京編】

修徳・都立雪谷が初戦で対決!日大豊山のブロックは激戦区に


 今年の東東京のシード校は、関東一二松学舎大附大森学園日大豊山都立小山台の5校だけ。準々決勝を目指す8分割のブロックに、シード校がいないブロックが3枠生じる。その一方でノーシードの有力校が多いので、序盤から好カードが多い。

 中でも有力校が集まったのが、日大豊山が入ったブロックだ。日大豊山は初戦で、足立学園駒込の勝者が城西大城西と対戦し、その勝者と対戦する。

 城西大城西の主将でエースの渡邉 寮は小柄だが球威のある好投手。足立学園駒込も力のあるチームだ。勝てば次は都立城東が有力だ。城東には2年前の秋季都大会4強進出の立役者、左腕の林 平太郎が健在だ。林は2年前よりグレードアップしている。

 この勝者が5回戦で対戦するブロックでは、修徳都立雪谷が初戦で対戦する。この対戦は、初戦屈指の好カードだ。最速145キロの速球を投げる修徳のエース・床枝 魁斗都立雪谷打線がどう攻略するか?

 順当なら5回戦は日大豊山修徳のカードになる。日大豊山はこの春急成長した右の荒木 慈安、左の玉井 皓一郎、下手投げの足立 丈など、タイプの違う複数の投手を擁する。福島 直也監督は、これらの投手をどのように起用するか。5回戦までの道のりも、険しい。

 このブロックの勝者は準々決勝で都立小山台がシードされたブロックの勝者と対戦する。2年前、3年前と続けて準優勝している都立小山台は、横手投げの木暮 瞬哉、一発のある捕手の森村 輝のバッテリーを中心に、秋は帝京をコールドで破るなど、力は十分ある。ただ初戦で対戦が予想される成立学園は、秋は二松学舎大附を土俵際まで追い詰めた強豪だ。投打の中心の村田 栄太郎がチームを引っ張る。このブロックでは都立文京日体大荏原という好カードがある。また堀越も、春は欠場したエースの谷井 翼が復帰すれば、勝ち上がってくる可能性は十分ある。