激戦が予想される戦国千葉の展望。今回は県立船橋ブロックと市立船橋ブロックの見所を紹介したい。トーナメントの左側の紹介は終了となるが、どうしても習志野木更津総合など有名校が多いトーナメントの右側に注目が集まってしまうが、実は左側は戦力的な差がほとんどなく、ノーシードからの躍進も十分可能性がある。

県立船橋ブロックは抜けた学校がなく、混戦模様か


 県立船橋は初戦で印旛明誠稲毛の対戦。県立船橋は緊急事態宣言期間、練習制限もあり、満足行く練習もできなかった。それでもミーティングを念入りに行い、さらに練習の中でも質を高めた。結果として千葉黎明、東海大市原望洋、市立船橋といった強豪を下し、ベスト4入り。特に思い切りの良い打撃スタイルは光るものがあった。その中で、攻守の要である捕手・星田龍哉、強打の中堅手・安東大輝は県大会で唯一、本塁打を放っており、その強打ぶりは健在だ。

 印旛明誠はしぶとい野球を行うチームで、稲毛は強豪校とも練習試合を行い、レベルアップ中。ネット裏に回った選手や、マネージャーがスコアブックを真剣に記し、多くのことを吸収して活かそうとする姿勢が感じられた。畳み掛ける集中打も魅力で、県立船橋とカラーが似ているチーム。春季大会で拓大紅陵に完封勝利を収めた銚子商はエースの野村 光希は130キロ前半ながら、コーナーワークに長けた右の好投手で、ディフェンス面でもしっかりとしており、夏の逆襲も十分に期待できる。

 Cシードの八千代松陰も例年通り、上位下位切れ目なく打線がつながり、粘り試合運びは健在。夏までどれだけ個々の能力を高められるか課題となる。

 同ブロックは拓大紅陵が構える。最速139キロ右腕・加藤 光太は威力有る直球を投げ込む逸材。春は惜しくも銚子商に完封負けでノーシードとなったが、夏まで打線が強化できれば、一気に浮上する可能性を持っている。そしてこの中で怖いのは検見川だ。検見川瓜生 竜也武藤 翔のバッテリーに注目。センターを兼ねる瓜生は130キロ後半の速球を投げ込み、武藤は勝負強い打撃と確実なスローイングを秘めた好打の捕手で、なかなか攻撃も粘っこく、簡単には諦めない試合運びは厄介だ。